楽天Kobo初めての方限定!条件達成で300円OFFクーポンプレゼント!
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > 文学史(外国)
わが兄チェーホフ[ミハイル・チェーホフ]
  • Googleプレビュー

わが兄チェーホフ
ミハイル・チェーホフ

2,420(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

最晩年と少年期の数年をのぞき、家族として共に過ごした5歳下の弟ミハイルが描くチェーホフ。兄アントンが作家として、一人の人間として自己を形成していく過程をあたたかな目で描き出す。チェーホフの人生の中核をなした様々な出会いと作品、ペシミスティックとされる作風と対照をなす実生活における素顔など、作家像を豊かに彩るあらたな書。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章(チェーホフ家の系譜/家族と生地タガンローグ/家庭演劇)/第2章(タガンローグでの少年時代/父の破産と夜逃げ)/第3章(家を失った家族、モスクワへ移る/三年間に十二回の引っ越し/貧困生活/チェーホフの大学入学/初めての誌上掲載)/第4章(雑誌『目覚し時計』、『破片』、『こおろぎ』など)/第5章(初めての患者/『かもめ』のモチーフとなるレヴィタンの恋)/第6章(バープキノの生活/コルシ座で『イワノフ』公演)/第7章(兄ニコライの死/『森の精』公演/最初の喀血/劇作家オストロフスキイのエピソード)/第8章(サハリンへの旅/ヨーロッパでのチェーホフ/ボギモヴォでの生活/『決闘』執筆/退廃についてのワグニェルとの論争)/第9章(メーリホヴォの地主となる/チェーホフ家の蜜月/短編『黒衣の修道僧』/『かもめ』を書いた離れ)/第10章(一八九二年の飢饉/病の重さ自覚/父の死/『かもめ』初公演/全作品の著作権をマルクス社に譲渡/ニースとパリ/モスクワを引き払いヤルタへ/アカデミー名誉会員に/結婚と死)

著者情報(「BOOK」データベースより)

チェーホフ,ミハイル(Чехoв,Михаил Павлович)
1865年ロシア帝国タガンローグ生まれ。作家アントン・チェーホフの弟として、兄についての伝記・回想録執筆で知られる。自身も作家として活躍した。晩年は姉マリアとともに、ヤルタの「チェーホフの家博物館」の設立に尽力した。1936年ヤルタで病没

宮島綾子(ミヤジマアヤコ)
南信州出身。1975年からロシア、旧ソ連の各共和国(現CIS)、および東欧諸国へのツアー添乗をフリーランスで始め、今日に至る。その間、1993年から97年まで旅行社の駐在員としてモスクワに在住し、ロシア文学を集中的に読む機会を得る。添乗は「文学の旅」を中心に、シベリア鉄道全線(モスクワまで)も十数回。訳書もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ