評伝島成郎ブントから沖縄へ、心病む人びとのなかへ(単行本)[佐藤幹夫]
  • Googleプレビュー

評伝 島成郎 ブントから沖縄へ、心病む人びとのなかへ (単行本)
佐藤 幹夫

2,860円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年03月19日頃
  • 著者/編集:   佐藤 幹夫
  • レーベル:   単行本
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  352p
  • ISBNコード:  9784480818461

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ブント書記長として六〇年保安で一敗地にまみれた島成郎が、次に向かったのは沖縄だった。一精神科医として政治を封印し、逆境の中で地域精神医療を一心に粘り強く担った島成郎。それはまさに“敵”の本丸に向かって攻め込む闘いの人生そのものだった。霧に閉ざされていた彼の後半生、もうひとつの闘いを、圧倒的な取材をもとに描く書下ろし評伝。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 島成郎の沖縄入域、これを拒否する/第1部 沖縄へ向かうこころ(「医」の初心“歌のわかれ”/沖縄、ヴ・ナロード(心病む人びとのなかへ)/玉木病院と「Open door policy」)/第2部 一九六〇年日米安保闘争とその後(喘息と戦争と敗戦の光景/ブント(共産主義者同盟)創設まで/六〇年安保闘争の始まりと終わり/漂流、復学、そして医師になる)/第3部 治療共同体へ(島成郎の治療論と「久米島でのひとつの試み」/北の風土と医師たちの治療共同体/沖縄再会ー“やんばる”に全開放病院を)/エピローグ 島成郎、沖縄に死す

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐藤幹夫(サトウミキオ)
1953年秋田県生まれ。フリージャーナリスト。批評誌『飢餓陣営』主宰。自立支援センターふるさとの会相談室顧問、更生保護施設かりいほ人材育成研修委員、更生保護法人同歩会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争
      AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・…

      庭田杏珠

      1,650円(税込)

    2. 2
      子育てベスト100
      子育てベスト100

      加藤 紀子

      1,650円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】世界はもっと!ほしいモノにあふれてる 〜バイヤーが教える極上の旅〜(1)
      【入荷予約】世界はもっと!ほしいモノに…

      NHK「世界はほしいモノにあふれてる」制…

      1,705円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】思考の整理学
      【入荷予約】思考の整理学

      外山 滋比古

      572円(税込)

    5. 5
      なぜ僕らは働くのか
      なぜ僕らは働くのか

      池上彰

      1,650円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ