夏の児童書・学習書フェア2022
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > 美術 > その他

現代アートとは何か
小崎 哲哉

3,025(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年03月27日頃
  • 著者/編集:   小崎 哲哉
  • 出版社:   河出書房新社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  448p
  • ISBN:  9784309279299

よく一緒に購入されている商品

  • 現代アートとは何か[小崎哲哉]
  • +
  • 現代アート、超入門!
  • 現代アートとは何か
  • 小崎 哲哉

3,025円(税込)

在庫あり

880円(税込)

在庫あり

合計 3,905円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

現代アートを司るのは、いったい誰なのか?世界的企業のトップや王族などのスーパーコレクター、暗躍するギャラリスト、資本主義と微妙な距離を保つキュレーター、存在感を失いつつも反撃を試みる理論家、そして新たな世界秩序に挑むアーティストたち…。日本からはなかなか見えてこない、グローバル社会における現代アートの常識=本当の姿を描きつつ、なぜアートがこのような表現に至ったのか、そしてこれからのアートがどのように変貌してゆくのかを、本書は問う。さらに、これら現代アートの「動機」をチャート化した「現代アート採点法」によって、「難解」と思われがちなアート作品が目からウロコにわかりはじめるだろう。アートジャーナリズムの第一人者による、まったく新しい現代アート入門。

目次(「BOOK」データベースより)

ヴェネツィア・ビエンナーレー水の都に集まる紳士と淑女/マーケットー獰猛な巨竜の戦場/ミュージアムーアートの殿堂の内憂外患/クリティックー批評と理論の危機/キュレーターー歴史と同時代のバランス/アーティストーアート史の参照は必要か?/オーディエンスー能動的な解釈者とは?/現代アートの動機/現代アート採点法/絵画と写真の危機/現代アートの現状と未来

著者情報(「BOOK」データベースより)

小崎哲哉(オザキテツヤ)
1955年、東京生まれ。カルチャーウェブマガジン『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。同大学舞台芸術研究センター主任研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を企画編集し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(18件)

総合評価
 3.85

ブックスのレビュー(1件)

  • 特殊なエコシステム
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2018年11月03日

    「現代アート」という特殊なエコシステムができあがって、自己完結してしまっていることを、この書籍によって垣間見ることができた。逆説的に言えば、一般人から急速に乖離していく様が、浮かび上がってくる。そういう意味で、たいへん興味深い書籍であると言うことができる。類似した道を先にたどった現代音楽は、既に終わってしまっているが。。。。。。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ