楽天Kobo初めての方に条件達成で500ポイントプレゼント
現在地
トップ >  > 新書 > その他
  • 人工知能時代を<善く生きる>技術(集英社新書)[堀内進之介]
  • 人工知能時代を<善く生きる>技術(集英社新書)[堀内進之介]
人工知能時代を<善く生きる>技術(集英社新書)[堀内進之介]
  • Googleプレビュー

人工知能時代を<善く生きる>技術 (集英社新書)
堀内 進之介

792(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年03月16日頃
  • 著者/編集:   堀内 進之介
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784087210262

商品説明

内容紹介


「あたらしい技術」は脅威か福音か?

はっきり言おう、そのどちらも間違っている!



ーーこれが未来の見取り図だ!



スマホ、スマート家電、スマートカー、スマートスピーカー…。身の回りにある「スマート」なテクノロジー。

いつでも・どこでも・何でも・誰でもネットに接続され、膨大な量の情報がやり取りされる。そうした情報の履歴から近未来を予測し適切な対応を講じる「あたらしい技術」の導入が進む。



「あたらしい技術」には、生活を豊かにし未来をバラ色のすると期待する「待望論」がある一方で、監視社会の強化や雇用崩壊、人間らしさの喪失など「脅威論」も存在する。



しかし、「待望論」と「脅威論」のどちらが正しいかを議論するのは不毛だ。なぜなら、どちらも間違っているのだから。私たちが考えるべきなのは、技術が隅々まで浸透する社会の中で、技術とともに「いかに善く生きるか」ということだ。





本書では、技術と人間の関係を根本から問い直し、近代が前提としてきた人間中心主義を批判しながら、人工知能時代の<善き生>を追求する!



主な内容

●なぜ「あたらしい技術」は私たちを疲弊させるのか

●「アップデート」し続けるストレス

●現在の自動運転技術は「物足りない」

●「会話型インターフェース」に注目すべき理由

●データ化される私たち

●あなたの「データ」は誰のものか

●消費者を「意欲させる」技術

●「意欲させる」技術と「洗脳」の違い

●ポイントカードへの違和感の正体

●つながればつながるほど自尊心は傷つく

●本当に恐れるべき「シンジュラリティ」

●技術は「軍拡」より「軍縮」が大事

●「つながりっぱなし」のストレスから逃れるには

●「身体拡張」という技術革新の行方

●私たちを自由にする「引き算」の思考

●AIが人間の「定義」を変えていく



【目次】

序章 私たちを揺るがす「あたらしい技術」

第1章 魂を支配するテクノロジー

第2章 それでも、つながらずにはいられない

第3章 人間と「あたらしい技術」は共存できるのか

第4章 <善く生きる>技術

第5章 失うことで未来は開ける


【プロフィール】

堀内 進之介(ほりうち しんのすけ)

1977年生まれ。博士(社会学)。首都大学東京客員研究員。現代位相研究所・首席研究員ほか。朝日カルチャーセンター講師。専門は、政治社会学・批判的社会理論。単著に『知と情意の政治学』、『感情で釣られる人々』、共著に『AIアシスタントのコア・コンセプト』、『人生を危険にさらせ! 』、『悪という希望』など多数。

内容紹介(出版社より)

SNSの人間関係に疲弊し、AIに仕事を奪われる現代。新しい技術は人を楽にさせるどころか、私たちを苦しめる。そんな時代にどう生きるのか? 気鋭の政治社会学者が描く人間と技術の未来予想図。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

いつでも・どこでも・何でも・誰でもネットに接続され、日々、膨大な量の情報が交わされている。これを人工知能で分析することで近未来を予測し、適切な対応を講じる「あたらしい技術」の導入が進む。この技術は生活を便利にする一方で、終わらない仕事を増やし、人間関係に疲れる世の中に変えていく。本書では、技術と人間の関係を根本から問い直し、近代が前提としてきた人間中心主義を批判しながら、「技術による解放論」のビジョンを示すことで、いかに“善く生きる”かを問う!

目次(「BOOK」データベースより)

序章 私たちを揺るがす「あたらしい技術」/第1章 魂を支配するテクノロジー/第2章 それでも、つながらずにはいられない/第3章 人間と「あたらしい技術」は共存できるのか/第4章 “善く生きる”技術/第5章 失うことで未来は開ける

著者情報(「BOOK」データベースより)

堀内進之介(ホリウチシンノスケ)
1977年生まれ。政治社会学者。博士(社会学)。首都大学東京客員研究員。現代位相研究所・首席研究員ほか。朝日カルチャーセンター講師。専門は、政治社会学・批判的社会理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走り出せ!編(23)
      星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走…

      高瀬 美恵

      792円(税込)

    2. 2
      ストレス脳
      ストレス脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,100円(税込)

    3. 3
      犯罪心理学者が教える子どもを呪う言葉・救う言葉
      犯罪心理学者が教える子どもを呪う言葉・…

      出口保行

      990円(税込)

    4. 4
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術

      山崎元

      869円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】コロナワクチン 失敗の本質
      【入荷予約】コロナワクチン 失敗の本質

      宮沢 孝幸

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ