本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学
  • ラブという薬[いとうせいこう]
  • ラブという薬[いとうせいこう]
  • ラブという薬[いとうせいこう]
  • ラブという薬[いとうせいこう]
  • ラブという薬[いとうせいこう]
  • ラブという薬[いとうせいこう]
  • ラブという薬[いとうせいこう]
ラブという薬[いとうせいこう]
  • Googleプレビュー

ラブという薬
いとう せいこう

1,650(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

患者=いとうせいこう+主治医=星野概念(精神科医) による対話のカタチをした薬。

本書は、いとうせいこうさんが普段から患者として通う、
精神科の主治医・星野概念さんとの診療の模様を伝えたい、
そんな思いから始まった対談集です。
いとうさんの悩みはもちろん、精神医療の基礎、診療のシステム、
そして星野さんの悩み、さらにはネットにおけるスピード感への危惧、
ふたりが抱える社会への不安へ話は進みます。

もう我慢を大切にするのはやめよう。
怪我をしたら外科へ行くような単純さで、つらいなら精神科へ行こう。

<目次>
1. 怪我なら外科、つらい気持ちなら精神科。行ってみよう。
その1 診察室の話をみんなに伝えたかった
その2 精神科には行きづらい、なんて思わないでほしい
その3 話を聞く、聞いてもらう、ってどういうことだろう?
その4 わたしたちは、なんでこんなことにハマり、さいなまれるんだろう?

2. 精神科にはどんな医師がいて、どんなことをしてくれるんだろう?
その1 治療、医師、症状のエトセトラ
その2 星野さんはなんでお医者さんになったんだろう?
その3 精神科にはプロがいる。安心して大丈夫
その4 「物忘れがひどい」すら親身に診察する。精神科医のできること

3. みんなも辛くないのかな?
その1 地味で素朴な救い、ラブ
その2 映画、小説、お笑いが社会にもたらすもの
その3 ゆっくりいこう、小さく話そう
その4 二人きりでお茶をするように

ーー --
・星野 いとうさんの悩みを掘り下け?るのを公開することて?、何かの参考になったり、
ホッとしたりする人か?少なからす?いると思うんて?す。(中略)これはいとうさんか?思ってるより、すこ?いことて?すよ。

・いとう よしわかった、自信持つわ、俺(笑)。

・星野 「あっ、いとうせいこうもカウンセリンク?通ってるんた?!」って思う人、絶対いると思うんて?すよ。それか?とても大事で。

・いとう 「そういうの、当たり前なんた?!」 みたいなね。
(本文より)
ーー --

内容紹介(「BOOK」データベースより)

もう我慢を大切にするのはやめよう。怪我をしたら外科へ行くような単純さで、つらいなら精神科へ行こう。患者=いとうせいこう+主治医=星野概念による、対話のカタチをした薬。

目次(「BOOK」データベースより)

怪我なら外科、辛い気持ちなら精神科。行ってみよう(診察室の話をみんなに伝えたかった/精神科には行きづらい、なんて思わないでほしい/話を聞く、聞いてもらう、ってどういうことだろう? ほか)/精神科にはどんな医師がいて、どんなことをしてくれるんだろう?(治療、医師、症状のエトセトラ/星野さんはなんでお医者さんになったんだろう?/精神科にはプロがいる。安心して大丈夫 ほか)/みんなも辛くないのかな?(地味で素朴な救い、ラブ/映画、小説、お笑いが社会にもたらすもの/ゆっくりいこう、小さく話そう ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

いとうせいこう(イトウセイコウ)
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ボタニカル・ライフー植物生活ー』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞

星野概念(ホシノガイネン)
精神科医・ミュージシャンなど。音楽活動は、コーラスグループ星野概念実験室、ユニットJOYZ、タマ伸也氏(ポカスカジャン)とのユニット「肯定s」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(38件)

総合評価
 4.09

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    ちゅるん09
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年03月02日

    すぐに届いて助かりました!!
    世の中には精神障害を持っている人は意外と多い。
    もしかしたら、自分の身近な人もそうかもしれません。
    精神障害、心について理解を深めるためにとても良いです。
    少しでもつらいとおもったら精神科へ。
    自分がこの知識をもっているだけで、周りの苦しんでる人を少しでも救えるかもしれません。
    身近な物事や事件についても語っており、とてもわかりやすかったです。
    「傾聴と共感」これが大事なキーワードです。ラブという薬なのです。
    対談方式の本なのですが、お二人ともユーモア溢れる方なので、おもしろかったです。
    是非たくさんの人に読んでいただきたい。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      骨格診断×パーソナルカラー 賢い服選び
      電子書籍骨格診断×パーソナルカラー 賢い服選び

      二神弓子

      1,540円(税込)

    2. 2
      糖質疲労
      電子書籍糖質疲労

      山田 悟

      1,540円(税込)

    3. 3
      休養学
      電子書籍休養学

      片野秀樹

      1,650円(税込)

    4. 4
      行動経済学が最強の学問である
      電子書籍行動経済学が最強の学問である

      相良 奈美香

      1,870円(税込)

    5. 5
      マンガでわかる! 学校に行かない子どもが見ている世界
      電子書籍マンガでわかる! 学校に行かない子ども…

      西野 博之

      1,650円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ