「砲兵」から見た世界大戦ーー機動戦は戦いを変えたか[古峰文三]
  • Googleプレビュー

「砲兵」から見た世界大戦 機動戦は戦いを変えたか
古峰文三

1,699円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

■真の主役は戦車でなく、砲兵だった!?

気鋭の戦史研究家が、新視点から描いた画期的な陸戦論!

世界大戦というと、戦車や戦闘機、またそれを用いた電撃戦などが有名です。
しかし、二つの大戦の勝敗を決定づけたのはそれら花形兵器ではなく、地味な存在の砲兵でした。

砲兵戦術の視点から、二つの大戦で、戦い方がどのように変わっていったかを解説していきます。

陸戦戦術の流れが分かり、その中で“変わらなかった戦術の本質が何だったのか”も見えてくるはずです。


■「まえがき」

 映画やドラマでは砲兵は見えない存在です。その場に姿を見せることなく何処からともなく砲弾が飛んで来て炸裂する、あたかも自然現象のように扱われることも多い影の存在ですが、20世紀の戦争はその砲兵による火力戦が勝敗を左右しています。
 たとえば陰鬱な膠着戦と人命の犠牲ですべて灰色に見えてしまう第一次世界大戦の西部戦線も、砲兵の視点から眺めると目鼻のある変化のわかる存在へと変わって来ることでしょう。
 19世紀後半から20世紀後半までの間に、戦争の様相はどう変わっていったのか、そして何が変わらなかったのかも見えてきます。
 そこで近代砲兵が何に悩み、何を考えてどのように発達していったのかをできるだけ分かりやすくまとめてみました。
 出版社にはあまり好まれない「ですます」調の話し言葉で書いた理由もそこにあります。
 学術論文とは違う「読み物」としての近代砲兵史を楽しんでいただければ幸いです。


※改訂版……2018年3月31日 ご意見を参考にさせていただき、「より楽しみたい方への読書ガイド」を追加しました。

追加分は弊社ホームページにアップしてあります。すでにご購入いただいた方は、誠に申し訳ございませんが、そちらをご覧いただければ幸いです。

(URLは載せられませんので)
『「砲兵」から見た世界大戦』の「より楽しみたい方への読書ガイド」
でご検索をお願いします。

【内容情報】(出版社より)
■真の主役は戦車でなく、砲兵だった!?

気鋭の戦史研究家が、新視点から描いた画期的な陸戦論!

世界大戦というと、戦車や戦闘機、またそれを用いた電撃戦などが有名です。
しかし、二つの大戦の勝敗を決定づけたのはそれら花形兵器ではなく、地味な存在の砲兵でした。

砲兵戦術の視点から、二つの大戦で、戦い方がどのように変わっていったかを解説していきます。
陸戦戦術の流れが分かり、その中で“変わらなかった戦術の本質が何か”が見えてきます。


■内容の抜粋

●砲兵戦術の進化で大戦は動いた
第一次世界大戦のカンブレの戦いでは、戦車が初めて大量投入され、部分的に塹壕線を打ち破りました。
そのため、戦車の集中投入による突破作戦の可能性を拓いた戦闘として有名です。
しかしこれまでイギリス軍が一的に陣地を占領しても、すぐに後方のドイツ軍の逆襲により奪い返されていました。
カンブレの戦いで占領した陣地を奪い返されなかったのは、イギリス軍砲兵が縦深制圧を行いドイツ軍に反撃を許さなかったためでした。

●「機動戦」vs.「火力主義」
機動戦というとドイツの電撃戦が有名ですが、当時、各国が「機動戦」理論を研究し、採用していました。
しかし実際に大戦が始まると、スマートな「機動戦」は打ち棄てられ、陰惨な「火力主義」へと回帰していきました。

●戦車は、ほぼ戦車以外に撃破された!?
いかに装甲と機動性をもつ戦車も、単独で動けばすぐに砲兵の餌食となる脆弱な存在であり、「火力の一部」にしか過ぎません。
撃破された戦車は8〜9割が戦車以外によるものでした(北アフリカ戦線を除く)。
敵戦車を撃破するのは、戦車の役割ではなく、砲兵の役割でした。
ティーガー戦車とM4シャーマン戦車でどちらが強いかという問題は、さほど大きな意味をもたなかったのです。

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,699円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ