スマートスピーカーXAIプログラミング自分でつくる人工知能GoogleHome、AmazonEcho対応[ポンダッド]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

スマートスピーカー × AIプログラミング 自分でつくる人工知能 Amazon Echo、Google Home対応
ポンダッド

3,190円(税込)送料無料

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 スマートスピーカー × AIプログラミング 自分でつくる人工知能 Amazon Echo、Google Home対応 3,190円
紙書籍版 スマートスピーカー × AIプログラミング 3,190円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年03月23日頃
  • 著者/編集:   ポンダッド
  • 出版社:   マイナビ出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  304p
  • ISBNコード:  9784839965808

商品説明

【内容情報】(出版社より)
[スマートスピーカー × Python]
音声認識、合成音声発話に関して、スマートスピーカー「Amazon Echo」と「Google Home」、画像認識に関してはシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」とGoogle社のディープラーニングライブラリ「TensorFlow」とその拡張ライブラリ「Keras」の組み合わせでAIライクなPythonプログラミングを実践していきます。

[スマートスピーカー × 家電]
ソニーのIoTブロック:MESHタグとPhilipsのスマート家電Hueを組み合わせ、照明の明るさやエアコンの制御をスマートスピーカーを通して行います。

[スマートスピーカー × カメラ]
Raspberry Piにカメラを接続。コンピュータビジョンライブラリOpenCVを導入し顔認識に挑戦します。"双子"を見分けたり、顔の表情を読み取りそのときの感情に合わせた照明色へ変化させてみたりします。

人工知能に関連する技術に実際に触れて、身近な問題を解決したり、もっと便利な使い方を考えついたり、身の回りの人と一緒に楽しんだりと様々な変化を体感できるかもしれません。この書籍がそんなきっかけになれば幸いです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
PythonとRaspberry Piでスマートスピーカーを更に賢く!人気のディープラーニングフレームワークTensor Flow&Kerasで実践カスタマイズ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 スマートスピーカーでAIをつくろう/2 Amazon Echoでオリジナルスキルをつくろう/3 Google Homeでオリジナルスキルをつくろう/4 スマートデスクをつくろう/5 スマートルームをつくろう/6 赤りんごと青りんごを見分けよう/7 Kerasでオリジナル画像を学習させよう/8 顔認識をしてみよう/9 感情認識をしてみよう/Appendix

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ポンダッド
太田敏男。プログラミング情報共有サイトのAI関連投稿で注目を集め、ユニークな作例と親しみやすい解説で人気を博す。双子の娘の誕生をきっかけに、突如小学生以来のプログラミングを再開。人知れず個人開発を続ける人工知能愛好家。『スマートスピーカー×AIプログラミングー自分でつくる人工知能 Amazon Echo、Google Home対応』が初の著作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ