[エンタメ市!] 全ジャンル対象! 条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 雑学・出版・ジャーナリズム > 出版・書店

モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語
内田洋子

1,980(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • モンテレッジォ小さな村の旅する本屋の物語[内田洋子]
  • +
  • ジーノの家(文春文庫)[内田洋子]
  • モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語
  • 内田洋子

1,980円(税込)

在庫あり

748円(税込)

在庫あり

合計 2,728円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

人々にとって、本が遠い存在だった時代、トスカーナの山深き村に、イタリア中に本を届ける人々がいた。

イタリアの権威ある書店賞〈露店商賞(Premio Bancarella)〉発祥の地が、なぜ、トスカーナの山奥にあるのか?
その謎を追って、15世紀グーテンベルクの時代から、ルネッサンス、そして現代へ。
創成期の本を運び、広めた、名もなき人々の歴史が、今、明らかになる。
舞台となった、山深きモンテレッジォ村に居を構え取材した、著者渾身の歴史ノン・フィクション!
全編フルカラー!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

イタリア、トスカーナの山深い村から、本を担いで旅に出た人たちがいた。ダンテ、活版印刷、禁断の書、ヘミングウェイ。本と本屋の原点がそこにある。

目次(「BOOK」データベースより)

それはヴェネツィアの古書店から始まった/海の神、山の神/ここはいったいどこなのだ/石の声/貧しさのおかげ/行け、我が想いへ/中世は輝いていたのか!/ゆっくり急げ/夏のない年/ナポレオンと密売人/新世界に旧世界を伝えて/ヴェネツィアの行商人たち/五人組が時代を開く/町と本と露天商賞と/ページに挟まれた物語/窓の向こうに

著者情報(「BOOK」データベースより)

内田洋子(ウチダヨウコ)
1959年神戸市生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。2011年『ジーノの家イタリア10景』(文藝春秋)で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(65件)

総合評価
 4.11

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】地球大暴露
      【入荷予約】地球大暴露

      スタントン菜穂

      1,650円(税込)

    2. 2
      新版 科学がつきとめた「運のいい人」
      新版 科学がつきとめた「運のいい人」

      中野信子

      1,650円(税込)

    3. 3
      【予約】「私」という男の生涯
      【予約】「私」という男の生涯

      石原 慎太郎

      869円(税込)

    4. 4
      人生の目的 旅人は、無人の広野でトラに出会った
      人生の目的 旅人は、無人の広野でトラに…

      高森顕徹

      1,650円(税込)

    5. 5
      「私」という男の生涯
      「私」という男の生涯

      石原 慎太郎

      1,980円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ