本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学
〈死〉の臨床学超高齢社会における「生」と「死」[村上陽一郎]
  • Googleプレビュー

〈死〉の臨床学 超高齢社会における「生」と「死」
村上 陽一郎

1,760(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年03月12日頃
  • 著者/編集:   村上 陽一郎
  • 出版社:   新曜社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  232p
  • ISBN:  9784788515611

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

近代社会が遠ざけ不可視化してきた問題が、超高齢社会を迎え、いまや喫緊の課題として浮上している。この「死」というタブーに、科学論・安全学の泰斗が正面から挑む。安楽死(尊厳死)、緩和医療、終末期鎮静、臓器移植、介護などの問題を根底から問い直し、日本の医療をいかに護るか、にまで貴重な提言をする。いま最も読まれるべき書。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 日本の医療ー純個人的な体験記/第1章 戦後の医療変革ー患者側からの瞥見/第2章 日本の医療ー国際比較のなかで/第3章 老いと死の諸相/第4章 死の援助/第5章 終末期鎮静/第6章 生きるに値する命/終章 ささやかな、ささやかな提案

著者情報(「BOOK」データベースより)

村上陽一郎(ムラカミヨウイチロウ)
1936(昭和11)年東京に生まれる。東京大学教養学部、同大学院で、科学史・科学哲学を学ぶ。上智大学理工学部、東京大学教養学部、同先端科学技術研究センター、国際基督教大学教養学部、東京理科大学で常勤職を務め、東洋英和女学院大学学長を経て、東京大学・国際基督教大学名誉教授、広島市立大学名誉博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ