【輸入盤】交響曲第4番、大地の歌、さすらう若者の歌(2種)エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム&コンセルトヘボウ管弦楽団、ヘフリガー、メリマン、[マーラー(1860-1911)]
【輸入盤】交響曲第4番、大地の歌、さすらう若者の歌(2種)エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム&コンセルトヘボウ管弦楽団、ヘフリガー、メリマン、[マーラー(1860-1911)] 【輸入盤】交響曲第4番、大地の歌、さすらう若者の歌(2種)エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム&コンセルトヘボウ管弦楽団、ヘフリガー、メリマン、[マーラー(1860-1911)] 【輸入盤】交響曲第4番、大地の歌、さすらう若者の歌(2種)エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム&コンセルトヘボウ管弦楽団、ヘフリガー、メリマン、[マーラー(1860-1911)]

CD

現在地
トップ > CD > クラシック > 交響曲

【輸入盤】交響曲第4番、大地の歌、さすらう若者の歌(2種) エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム&コンセルトヘボウ管弦楽団、ヘフリガー、メリマン、
マーラー(1860-1911)

1,788円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

商品基本情報

商品説明

ベイヌムの新しい、繊細なマーラー演奏が堪能できる一枚

高名なマーラー愛好家エドゥアルド・ヴァン・ベイヌムのデッカ録音遺産全集を新規リマスタリング。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は最も密接に、最も長くマーラーの音楽と関わってきました。それは作曲家とこの楽団の二人目の音楽監督ウィレム・メンゲルベルクの間で育まれた関係で、それは現在まで続いています。
 エドゥアルド・ヴァン・ベイヌムは1945年、メンゲルベルクの後を継ぎましたが、彼は前任者の足跡をたどることはせず、マーラーの音楽に神経症的な要素を見ていたこともあり、始めはあまり積極的なマーラー愛好家ではありませんでした。それでも、この音楽へのベイヌムの取り組みは新しく繊細であるという評価が付属のブックレット(欧文)でも明らかにされているように、彼は自らが選んだ曲目を献身的な表現で演奏し、聴き手の共感を誘います。
 1946年、デッカのアーティストとして契約をしてほどなく、彼はマーラーの連作歌曲集『さすらう若者の歌』をアムステルダムではなく、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とポーランドのメゾ・ソプラノ歌手エフゲニア・ザレスカとともに録音しました。その後オランダに戻り、1952年に、マーラーの最もクラシック的に作られた作品であり、そのためベイヌムの音楽体質によく合っている交響曲第4番を録音しました。この録音はその繊細さと上品さであっという間に伝説的定番となり、その後ずっと無数のレーベルで再発売されました。
 4年後、ベイヌムが『大地の歌』を録音し、テノール歌手エルンスト・ヘフリガーと、特にコントラルト歌手のナン・メリマンの好感度の高い歌唱で、この時代評価の高かったフェリアー、ワルター、ウィーン・フィルの録音に匹敵することが認められました。メリマンはベイヌムの最後のマーラーの録音『さすらう若者の歌』の再録音にも参加しました。4曲の録音すべてがデッカで一つにまとめられました。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
マーラー:
1. 交響曲第4番ト長調
2. 歌曲集『さすらう若者の歌』

 マーガレット・リッチー(ソプラノ:1)
 エフゲニア・ザレスカ(メゾ・ソプラノ:2)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(1)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(2)
 エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム(指揮)

 録音時期:1952年4月29,30日&5月1-3日(1)、1946年11月27日&1947年12月16日(2)
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ大ホール(1) ロンドン、キングズウェイ・ホール(2)
 録音方式:モノラル(セッション)
 制作レーベル:DECCA

Disc2
1. 大地の歌
2. 歌曲集『さすらう若者の歌』

 ナン・メリマン(コントラルト)
 エルンスト・ヘフリガー(テノール:1)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム(指揮)

 録音時期:1956年12月3-6日(1)、8-12日(2)
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ大ホール
 録音方式:モノラル(セッション)
 制作レーベル:PHILIPS

Disc1
1 : 14 - Symphony No. 4 in G major
2 : 58 - Lieder eines fahrenden Gesellen
Disc2
1 : 16 - Das Lied von der Erde
2 : 710 - Lieder eines fahrenden Gesellen
Powered by HMV

タイトル(英名):Symphony No. 4, Das Lied von der Erde, etc : Eduard van Beinum / Concertgebouw Orchestra, Ritchie, Merriman, Haefliger, etc (2CD)

商品レビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

1,788円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:クラシック

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      SEEDING
      SEEDING

      清塚信也

      2,700円(税込)

    2. 2
      passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番
      passage ショパン:ピアノ・ソナタ第3番

      藤田真央

      2,298円(税込)

    3. 3
      THE BEST
      THE BEST

      辻井伸行

      2,019円(税込)

    4. 4
      ペンデレツキへのオマージュ
      ペンデレツキへのオマージュ

      アンネ=ゾフィー・ムター

      5,000円(税込)

    5. 5
      エキシビジョン・オブ・サクソフォン
      エキシビジョン・オブ・サクソフォン

      須川展也

      4,689円(税込)

    このページの先頭へ