アクティブラーニング型授業の基本形と生徒の身体性(学びと成長の講話シリーズ)[溝上慎一]
  • Googleプレビュー

アクティブラーニング型授業の基本形と生徒の身体性 (学びと成長の講話シリーズ)
溝上慎一

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 アクティブラーニング型授業における教師と生徒の関係性((山形県立)庄内総合高等学校/庄内総合高等学校の改革のリーダー ほか)/第2章 アクティブラーニング型授業の基本形とさまざまな創意工夫(アクティブラーニング型授業における教師と生徒の関係性をつくる、アクティブラーニング型授業に即した生徒の身体化を促す/個ー協働ー個/内化ー外化ー内化の学習サイクルをつくる ほか)/第3章 よく思い出す技ありの名場面集(ICTを利用して生徒のワークをその時間内でフィードバックする/「立ってワークをおこない終えたら座る」をもう一歩進めて ほか)/第4章 文科省施策「社会に開かれた教育課程」をよくよく理解して(変わる日本社会と学校教育/「変わる日本社会」の前提を理解しない学校現場 ほか)/第5章 主体的な学習をそもそも論から理解する(主体的とは/主体的な学習とは ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
溝上慎一(ミゾカミシンイチ)
1970年1月生まれ。大阪府立茨木高等学校卒業。神戸大学教育学部卒業、1996年京都大学高等教育教授システム開発センター助手、2000年講師、2003年京都大学高等教育研究開発推進センター助教授(のち准教授)。2014年より教授。大学院教育学研究科兼任。教育アセスメント室長。京都大学博士(教育学)。日本青年心理学会常任理事、大学教育学会常任理事、『青年心理学研究』編集委員、“Journal of Adolescence” Editorial Board委員、公益財団法人電通育英会大学生調査アドバイザー、学校法人桐蔭学園教育顧問、中央教育審議会臨時委員、大学の外部評価・AP委員、高校のSGH/SSH指導委員など。日本青年心理学会学会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,080円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ