発達科学ハンドブック9社会的認知の発達科学[日本発達心理学会]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

洞察の起源 動物からヒトへ、状況を理解し、他者を読む力はいかに進化したか
リチャード・W・バーン

3,888円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ヒトも毎日の生活で、類人猿やその他の動物と同じ種類の洞察を用いている。ものごとや他者を理解する能力は、言語に先だって、手を用いた活動の中で始まった!それはいかにしてか。ヒトの認知が他の動物よりもはるかに進んでいるのはなぜか。比較認知科学の証拠から解き明かす、洞察する能力の進化。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめにー洞察とは何か、なぜその進化に関心をもつのか?/なぜ動物は認知的なのかー動物行動を認知的に説明する必要性/はじまりは音声だったーサル類と類人猿の音声コミュニケーション/大型類人猿における身振りコミュニケーションー意図して特定の受け手に向ける/他者の理解ー他者が見るもの、知っていることへの反応/社会の複雑さと脳/他者からの学習ー文化的知性?/心の理論ー他者が世界についてどう考えているかを理解する/かなめの論点ー社会的能力から技術的能力へ/物理的世界についての知識〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
バーン,リチャード・W.(Byrne,Richard W.)(バーン,リチャードW.)
1975年ケンブリッジ大学の認知心理学で学位を取得、1979年よりアフリカでヒヒのフィールドワークを開始、その後もチンパンジー、ゴリラの観察を続ける。セント・アンドリューズ大学心理学・神経科学部教授を務め、名誉教授。著書には翻訳されたものとしては、『考えるサル:知能の進化論』(大月書店)(1997年度イギリス心理学会ブック賞)などがある

小山高正(コヤマタカマサ)
1979年大阪大学大学院文学研究科単位取得満期退学、お茶の水大学助手、川村学園女子大学講師を経て、日本女子大学人間社会学部心理学科教授

田淵朋香(タブチトモカ)
2000年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了、2003年日本女子大学大学院人間社会研究科単位取得満期退学、日本女子大学人間社会学部心理学科講師

小山久美子(コヤマクミコ)
1989年日本女子大学大学院文学研究科英文学専攻単位取得満期退学、川村学園女子大学講師を経て、川村学園女子大学文学部国際英語学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,888円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ