第161回 芥川賞・直木賞決定!
人類は何を失いつつあるのかゴリラ社会と先住民社会から見えてきたもの[山極寿一]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学

人類は何を失いつつあるのか ゴリラ社会と先住民社会から見えてきたもの
山極 寿一

2,916円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
サルや類人猿には見られない人間だけの文化や行動、社会の仕組み。人類が進化の過程で獲得した「人間らしさ」とは何なのか?現代社会を視野に現在と未来について語り合う京大総長と「グレートジャーニー」探検家との壮大な対話

序章  ぼくも探検家になりたかった
第一章 日本のサル学
第二章 類人猿から人類へ
第三章 狩猟と戦争
第四章 平等の意識は人間だけのものか
第五章 グローバリズムと教育
第六章 旅の原点
第七章 人間だけが持つ「心」

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
NHK教育テレビ「スイッチインタビュー」好評対談の完全収録・補完版。人間が、人間ではなくなっていく?人類の歩んできた道、その現在と、私たちの未来ー。いま、確かな目で見つめ直して、歩き続けるために語り合う、京都大学総長のゴリラ(霊長類)学者と「グレートジャーニー」探検家との壮大な対話!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 ぼくも探検家になりたかった/第1章 日本のサル学/第2章 類人猿から人類へ/第3章 狩猟と戦争/第4章 平等の意識は人間だけのものか/第5章 グローバリズムと教育/第6章 旅の原点/第7章 人間だけが持つ「心」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山極寿一(ヤマギワジュイチ)
1952年東京生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。理学博士。カリソケ研究センター客員研究員、日本モンキーセンターリサーチフェロー、京大霊長類研究所助手、大学院理学研究科助教授、同教授、理学部長などを経て、現在は京都大学総長。1978年以来、アフリカ各地でのゴリラの野外研究を通じて、初期人類の生活や人類に特有な社会特徴の由来を探っている

関野吉晴(セキノヨシハル)
1949年東京生まれ。一橋大学法学部、社会学部、横浜市立大医学部卒業。一橋大在学中に探検部を創設し、以後の約20年間、南米各地を探検。1993年から人類拡散の最長ルートを逆に辿って南米南端からアフリカまで約10年の旅「グレートジャーニー」を完遂。その後も日本列島への人類移動ルートを追って、シベリアやヒマラヤからの陸路の旅と、インドネシアから沖縄までの手作りカヌーの航海などを行う。医師、武蔵野美術大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,916円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ