[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他

PMの哲学
室脇 慶彦

2,530(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年03月16日頃
  • 著者/編集:   室脇 慶彦
  • 出版社:   日経BP
  • 発行形態:  単行本
  • ISBN:  9784822257378

商品説明

内容紹介(出版社より)

PMBOKに書いていないプロマネの極意
すべてを「体感」すれば成功する!

 著者の豊富な経験をもとに、失敗しないPM論が展開されています。
PMは何を見ているのか、チームの中でどのような存在なのか、各開発フェーズでは何をするのか。PMの思考や言動の教科書として、「PMの哲学」が語られています。

 本書がユニークなのは、主に以下の2点です。

 1点目は、規模を意識したマネジメントを解説していることです。マネジメントは規模によって変える必要があり、本書では、ほとんどのプロジェクトが分類される中規模を対象にしています。
多くの市販本は、規模をあまり意識していません。中規模では、PMである前にSEでなければなりません。つまり「プレイングマネジャー」であることが求められるのです。

 2点目は、PMBOKだけではうまくいかないという立場に立っていることです。
PMBOKはITに限らない多くのプロジェクトを前提にしているので、ITではその特殊性を考慮しなければなりません。その代表は「品質」です。
PMBOKでは品質が測定できる前提なのですが、ソフトウエアは目に見えないため、品質を測定しにくいという特性を持っています。それに目を背けず、立ち向かっていかねばならないのです。

 本書で解説している「哲学」こそ、一流PMへの登竜門である。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

システム開発を任されたPMは自ら設計し自ら求める品質を保証し定められた期間とコストで着実に動くシステムを提供する。チームメンバーと共に。プロジェクトのすべてを「体感」すれば成功する。

目次(「BOOK」データベースより)

プロジェクトマネジメントの優先順位/品質曲線/PMBOKのポイント/PMがITプロジェクト全体で考慮すべき事項/SEとして重要なシステムデザインの視点/プロジェクト計画の策定/要件定義フェーズでのプロジェクトマネジメントの要諦/設計・開発フェーズでのプロジェクトマネジメントの要諦/検証フェーズでのプロジェクトマネジメントの要諦/移行でのプロジェクトマネジメントの要諦/PMの心得/ソフトウエアエンジニアリングの今後と対応

著者情報(「BOOK」データベースより)

室脇慶彦(ムロワキヨシヒコ)
野村総合研究所理事。1982年大阪大学基礎工学部卒。同年野村コンピュータシステム株式会社(現株式会社野村総合研究所)入社。1999年日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社システム企画部長。2001年4月e-システムソリューション部長、金融システム事業部長を経て、2007年執行役員金融システム事業本部副本部長、保険システム事業本部副本部長、生産革新センター長を経て、2014年常務執行役員品質・生産革新本部長。2015年4月より現職。専門はITプロジェクトマネジメント、IT生産技術、年金制度など。情報サービス産業協会理事、日本情報システム・ユーザー協会監事、ITコーディネータ協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ