言葉の魂の哲学(講談社選書メチエ)[古田徹也]
言葉の魂の哲学(講談社選書メチエ)[古田徹也] 言葉の魂の哲学(講談社選書メチエ)[古田徹也] 言葉の魂の哲学(講談社選書メチエ)[古田徹也]
  • Googleプレビュー

言葉の魂の哲学 (講談社選書メチエ)
古田 徹也

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 言葉の魂の哲学 1,674円
紙書籍版 言葉の魂の哲学 1,836円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年04月10日
  • 著者/編集:   古田 徹也
  • レーベル:   講談社選書メチエ
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784062586764

よく一緒に購入されている商品

  • 言葉の魂の哲学(講談社選書メチエ)[古田徹也]
  • +
  • 「知」の科学個人の無知と人類の英知[スティーブン・スローマン]
  • 言葉の魂の哲学 (講談社選書メチエ)
  • 古田 徹也

1,836円(税込)

在庫あり

2,052円(税込)

在庫あり

合計 3,888円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
中島敦の小説「文字禍」、ホーフマンスタールの小説「チャンドス卿の手紙」。この二つの作品に描かれたいわゆる「ゲシュタルト崩壊」、すなわち、文字が意味や表情を失って見える現象をてがかりに、ウィトゲンシュタインの言語論に新しい視座を与え、カール・クラウスの言語論に、すぐれて現代的な意味を見出す。清新な言語哲学の登場!


言葉が表情を失うことがある。たとえば、「今」という字をじっと見つめ続けたり、あるいは、「今、今、今、今、今、今・・・」と延々書き続けたりすると、なじみのあるはずの言葉が突然、たんなる線の寄せ集めに見えてくる。一般に、「ゲシュタルト崩壊」といわれる現象だ。
逆に、言葉が魂が入ったように表情を宿し、胸を打つようになることがある。こういう現象を、どうとらえたらいいのだろうか。魂のある言葉とは、どのようなものか。

本書は、中島敦とホーフマンスタールの二編の小説からはじまる。いずれも、「ゲシュタルト崩壊」をあつかった作品である。
ついで、ウィトゲンシュタインの言語論を検証する。かれが「魂なき言語と魂ある言語」といったとき、どのような哲学が展開されるか。
そして、最後に、カール・クラウスの言語論を考える。
生涯をかけて、言語批判をつらぬいたクラウスの思想とは、どのようなものだったか。
それは、「常套句に抗する」ことで、世の中をかえようとする試みでもあった。
以上の三つの核によりそいながら、「命ある言葉」とはなにかを哲学する力作。
第1章 ヴェールとしての言葉ーー言語不信の諸相
  1.中島敦「文字禍」とその周辺
  2.ホーフマンスタール「チャンドス卿の手紙」とその周辺
第2章 魂あるものとしての言葉ーーウィトゲンシュタインの言語論を中心に
  1.使用・体験・理解
  2.言葉の立体的理解
  3.「アスペクト盲」の人は何を失うのか
第3章 かたち成すものとしての言葉ーーカール・クラウスの言語論が示すもの
   1.クラウスによる言語「批判」
   2.言葉を選び取る責任

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
言葉が表情を失うことがある。たとえば、「今」という字をじっと見つめ続けていると、文字がたんなる線の寄せ集めに見えてくる。「ゲシュタルト崩壊」といわれる現象だ。本書は、中島敦とホーフマンスタールの二編の小説からはじまる。いずれも「ゲシュタルト崩壊」を扱った作品だ。そのうえで、ウィトゲンシュタインの言語論を検証し、カール・クラウスの言語論を考える。「生きた言葉」「魂ある言葉」を考える清新な哲学ー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ヴェールとしての言葉ー言語不信の諸相(中島敦「文字禍」とその周辺/ホーフマンスタール「チャンドス卿の手紙」とその周辺/まとめと展望)/第2章 魂あるものとしての言葉ーウィトゲンシュタインの言語論を中心に(使用・体験・理解/言葉の立体的理解/「アスペクト盲」の人は何を失うのか/「言葉は生活の流れなかではじめて意味をもつ」)/第3章 かたち成すものとしての言葉ーカール・クラウスの言語論が示すもの(クラウスによる言語「批判」/言葉を選び取る責任)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
古田徹也(フルタテツヤ)
1979年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。新潟大学准教授を経て、専修大学准教授。専攻は、哲学・倫理学。「言語」「心」「行為」を手がかりに研究を進める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,836円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      人生100年時代の年金戦略
      人生100年時代の年金戦略

      田村 正之

      1,512円(税込)

    2. 2
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    3. 3
      俺か、俺以外か。 ローランドという生き方
      俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

      ROLAND

      1,512円(税込)

    4. 4
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    5. 5
      【予約】あなたにいま必要な神様が見つかる本
      【予約】あなたにいま必要な神様が見つか…

      桜井 識子

      1,512円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ