もうひとつの脳(ブルーバックス)[R.ダクラス・フィールズ]
もうひとつの脳(ブルーバックス)[R.ダクラス・フィールズ] もうひとつの脳ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」(ブルーバックス)[R・ダグラス・フィールズ]
  • Googleプレビュー

もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 (ブルーバックス)
R・ダグラス・フィールズ

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 1,620円
紙書籍版 もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 1,620円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • もうひとつの脳(ブルーバックス)[R.ダクラス・フィールズ]
  • +
  • 科学が変われば単位も変わる(ブルーバックス)[臼田孝]
  • もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 (ブルーバックス)
  • R・ダグラス・フィールズ

1,620円(税込)

在庫あり

合計 2,700円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
脳の陰の支配者「グリア細胞」とはなにか?脳内の全細胞の8割以上を占める「グリア」。これまで、電気活動を行うニューロンの間を埋める単なる梱包材とみなされ、軽視されてきた。しかし、近年の研究で、グリア細胞は、ニューロンの活動を感知し、その動きを制御できることがわかってきた。脳に関する科学者の理解を揺るがす、グリア細胞の役割とは?


脳の陰の支配者「グリア細胞」とはなにか?
脳内の全細胞の8割以上を占める「グリア」。
しかし、電気活動を行うニューロンの間を埋める
単なる梱包材とみなされ、軽視されてきた。
しかし、近年の研究で、グリア細胞は、
ニューロンの活動を感知し、その動きを制御できることがわかってきた。
脳に関する科学者の理解を揺るがす、
グリア細胞の役割とは?

脳科学でいま「大変革」が起きている
フィールズの到達した結論は、(略)神経科学の主流であり続けている「ニューロン中心主義」(略)という見解が、まったく不完全で、大きな変更を迫られており、実は「グリアがニューロンを制御する」という主客転倒、あるいはニューロンーグリア両立主義とも呼ぶべきものであるというのだ。これは大いなる驚きであり、つねに難問に挑み続ける多くの挑戦的な神経科学者たちにとっては、容易に看過できない言明である
「訳者あとがき」より
第1部 もう一つの脳の発見
1章 グリア細胞とは何か - 梱包財か、優れた接着剤か
2章 脳の中を覗く - 脳を構成する細胞群
3章 「もうひとつの脳」からの信号伝達 - グリアは心を読んで制御している
第2部 健康と病気におけるグリア
4章 脳腫瘍 - ニューロンはほぼ無関係
5章 脳と脊髄の傷害
6章 感染
7章 心の健康(メンタルヘルス) - グリア、精神疾患の隠れた相棒
8章 神経変性疾患
9章 グリアと痛み - 恩恵と災禍
10章 グリアと薬物中毒 - ニューロンとグリアの依存関係
11章 母親と子供
12章 老化 - グリアは絶えゆく光に抗って奮い立つ
第3部 思考と記憶におけるグリア
13章 「もうひとつの脳」の心 - 意識と無意識を制御するグリア
14章 ニューロンを超えた記憶と脳の力
15章 シナプスを越えた思考
16章 未来に向けて - 新しい脳

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
脳内の全細胞の8割以上を占める「グリア」は、電気活動を行うニューロンの間を埋める単なる梱包材とみなされ、長らく軽視されてきた。しかし、近年の研究で、グリア細胞は、ニューロンの活動を感知し、その動きを制御できることがわかってきた。脳に関する科学者の理解を揺るがす、グリア細胞の役割とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 もうひとつの脳の発見(グリアとは何かー梱包材か、優れた接着剤か/脳の中を覗くー脳を構成する細胞群/「もうひとつの脳」からの信号伝達ーグリアは心を読んで制御している)/第2部 健康と病気におけるグリア(脳腫瘍ーニューロンはほぼ無関係/脳と脊髄の損傷/感染 ほか)/第3部 思考と記憶におけるグリア(「もうひとつの脳」の心ーグリアは意識と無意識を制御する/ニューロンを超えた記憶と脳の力/シナプスを超えた思考 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
フィールズ,R.ダグラス(Fields,R.Douglas)
米国国立衛生研究所に属する国立小児保健・人間発達研究所の神経系発達・可塑性部門長。メリーランド大学神経科学・認知科学プログラム客員教授。自身が創刊した学術誌『Neuron Glia Biology』の編集長をはじめ、神経科学分野の数誌で科学顧問や編集委員を務めている。ニューロンーグリア相互作用、脳発達および記憶の細胞機構の世界的権威

小西史朗(コニシシロウ)
東京医科歯科大学医学部大学院博士課程修了。同大学医学部講師、三菱化学生命科学研究所室長、早稲田大学教授、徳島文理大学香川薬学部教授・神経科学研究所長などを経て、シンガポール国立Nanyang工科大学生物科学部客員教授

小松佳代子(コマツカヨコ)
翻訳家。早稲田大学法学部卒業。都市銀行勤務を経て、翻訳家柴田裕之氏に師事し、ビジネス・出版翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(11件)

総合評価
 4.5

ブックスのレビュー

  • いい勉強になります
    原始人@大府
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年11月13日

    原著は10年くらい前のものだったと思いますが、いい勉強になりました。

    0人が参考になったと回答

  • グリア細胞と炎症
    ronnyj
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年10月14日

    単に神経だけでなく、それを取り巻くグリア細胞、密接に関連する炎症こそが脳神経系の病、鬱病、アレルギー、慢性疲労症候群など現代にはびこる表面上はよくわからず、当人だけが偏見に晒されつつ苦しんできた病気の山を解明する決定的な鍵になることがよくわかる。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと8

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    2. 2
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    3. 3
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法
      世界標準のスイングが身につく科学的ゴル…

      板橋 繁

      1,296円(税込)

    4. 4
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    5. 5
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ