本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
あいうえお五十音図は明覚さんが映し出したことばの曼荼羅です。[山口謠司]
  • Googleプレビュー

あいうえお五十音図は明覚さんが映し出したことばの曼荼羅です。
山口 謠司

880円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年04月14日
  • 著者/編集:   山口 謠司
  • 出版社:   游学社
  • 発行形態:  単行本
  • ISBNコード:  9784904827512

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「あいうえお」はどうして「あえいおう」ではなかったんでしょう。
「私は海へ行きます」は、どうして「私わ海え行きます」ではダメなのでしょう。
いつも当たり前のように使っている「にほんご」ですが、
よく考えると、不思議がいっぱいのことばかり。
「にほんご」が形づくられてきた時代を、ちょっぴりのぞいてみませんか。

ことばの歴史をたどっていると
いつのまにか、この世界をかたちづくってきたあらゆるものを
まるごとつつみこんでひろがってきた
ことばの宇宙をただよっていることに気づくでしょう。

本書は、小学校4年生から読めるようにルビを入れてあります。
<対談>染谷将太「ボールペンはなぜボールペンとなるのか」

1 変化してゆく日本語
  -奈良時代のころ、「母」は「パパ」だった!

2 伝来仏教は科学の最先端 27
  -「天才空海」「秀才最澄」を引き継いだのは明覚だった!

3 名著『反音作法』が日本語の秘密を解く
  -言葉の秘密を解く美しい文字列を編み出す!

4 言葉と文化のるつぼに出会った明覚
  -加賀山代は文化交流の表玄関だった!

5 時代とともに変わる漢字の音
  -漢音でお経が読めなければ、お坊さん失格!?

<対談>井出真理「脚本はいつも口でブツブツ言いながら書いてます」

6 人を救うための言葉
  -言葉が力となる!

7 発音と仮名遣い
  -「こんにちは」はなぜ「こんにちわ」と書かないのか?

8 五十音図は曼荼羅である
  -あらゆる言語も五十音図があれば書き表わせる!

9 見えなくてもあるもの
  -言葉が文化を創っていく!

<対談> 五味太郎「誰かがグズグズとやってきた言葉の面白さ」

付録  加賀温泉郷と日本語文化
(山代温泉/山中温泉/片山津温泉/大聖寺)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

880円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ