「AIで仕事がなくなる」論のウソ〜この先15年の現実的な雇用シフト〜(仮)[海老原嗣生]
  • Googleプレビュー

「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト
海老原嗣生

1,430(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト 1,287円
紙書籍版 「AIで仕事がなくなる」論のウソ 1,430円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年05月
  • 著者/編集:   海老原嗣生
  • 出版社:   イースト・プレス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  215p
  • ISBNコード:  9784781616667

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
これから15年で仕事の49%が消滅する…?将来的に9割の仕事は機械に置き換えられる…?世間をにぎわすAI論議は、どこまで妥当なのか。AIによる雇用への影響は、どのように広がるのか。実務者への取材と、雇用構造の検証でひもとく、足元の未来予想図。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 しっかり振り返ろう、AIの現実(ただいま人工知能は第3回目のブーム/ディープラーニングもAI進化の通過点でしかない ほか)/2 AIで人手は要らなくなるのか、実務面から検証する(AIで仕事はどれだけ減るか1 事務職の未来/AIで仕事はどれだけ減るか2 流通サービス業の未来 ほか)/3 この先15年の結論。AIは救世主か、亡国者か(少子化と人口減のヤジロベエ状態/いよいよ労働力確保策も限界に ほか)/4 15年後より先の世界。“すき間労働社会”を経て、“ディストピア”か?(雇用消滅への2ステップと、BI型生活へのウォーミングアップ/日本は「塞翁が馬」的な移行期となる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
海老原嗣生(エビハラツグオ)
雇用ジャーナリスト、経済産業研究所コア研究員、人材・経営誌『HRmics』編集長、ニッチモ代表取締役、リクルートキャリア社フェロー(特別研究員)。1964年、東京生まれ。大手メーカーを経て、リクルート人材センター(リクルートエージェント→リクルートキャリアに社名変更)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計などに携わる。その後、リクルートワークス研究所にて人材マネジメント雑誌『Works』編集長に。2008年、人事コンサルティング会社「ニッチモ」を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.2

ブックスのレビュー

  • 腑に落ちない結果、色々考えるための本
    NECOママ
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2019年10月22日

    「読み手がAIをどのように捉えるのか」で見え方がガラッと変わる本です。個人的には、機械もITもAIも「人ではない何かが人の労働を奪い取る存在」という点では同じ、と思っているのですが、著者はAIを機械やITとは別物、として捉え、文を進めています。ここが一つ目の腑に落ちない点です。もう一つは、「0と100の間のことが抜け落ちている」点です。「仕事はなくならない」が、「例えば、これまで5,000円だった労働がAIによって、1,000円になる」ことは、仕事としては「ゼロ」ではないが、「この給与水準では、仕事に就けなくなるリスクが高まる」という点において、「実質的になくなる」と同じではないか、と腑に落ちない結果、考えることができました。そういう意味において、「反面教師的な」有意義な本、と言えるかもしれません。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2020年10月20日)

     :第-位( - ) > パソコン・システム開発:第534位(↑) > その他:第407位(↑)

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ