快音!真空管サウンドに癒される特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット(ONTOMOMOOK)[Stereo]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 楽譜 > その他 > その他

快音!真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット (ONTOMO MOOK)
Stereo

14,040円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年05月19日
  • 著者/編集:   Stereo
  • 出版社:   音楽之友社
  • 発行形態:  ムックその他
  • ページ数:  24p
  • ISBNコード:  9784276962804

商品説明

【内容情報】(出版社より)
真空管ハーモナイザーとはCDやPCなどのデジタルな音を、RCAケーブルで通すことによって、アナログっぽい真空管の音にするもの。制作は、数々の真空管アンプの名機を手掛けてきた、ラックスマン。本機でもラックストーンを堪能できる。キット内容は、完成基板とシャーシ、ネジ類、真空管。ドライバーでネジをしめて組み立てるだけなので、誰でも簡単に必ず完成できる。本誌では、付録真空管ハーモナイザーの応用編として、真空管を交換してさらなる音の変化を楽しむ方法や、真空管で聴きたい音源の紹介もします。
・真空管ハーモナイザー・キットを組み立てる
・開発者が語る、真空管ハーモナイザーの音の妙
・ラックスマン 真空管の歴史
・真空管ハーモナイザーをいろんなところで使ってみよう
・真空管ハーモナイザー簡単グレードアップ術
・真空管サウンドで聴きたい、いい音ジャズBEST10

みんなのレビュー

  • ネジ締めだけが鬼門
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年06月10日

    柄の太いネジ回しで押さえつけるようにねじ込まないと、ネジをダメにしてしまいます。組み立ての際は工具を用意しておきましょう。
    付属の真空管(12AU7)は音出しの確認レベルのもので、オーディオ向きのものではありません(ギターアンプで使うならいいかもしれない)。私は手持ちの真空管(松下製)に交換しました。低音域が引き締まって、とてもいい感じになっています。

    0人が参考になったと回答

  • チューブハーモナイザ
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年06月03日

    こういう機材は、ギター用のエフェクター以外なかったので、購入してみました。
    組み立てキットですが、基本的にねじどめだけです。 ただし、ねじとシャーシの勘合がきつづぎて、締め付け時にネジ山をつぶしそうだったので、若干ネジ穴を拡げてやりました。
    音はまだ聞き込んでないのでコメントできませんが、ベースの音の輪郭がはっきりする印象、でもソースによっても音の印象変わります。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

14,040円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ