都道府県出先機関の実証研究自治体間連携と都道府県機能の分析[水谷利亮]
  • Googleプレビュー

都道府県出先機関の実証研究 自治体間連携と都道府県機能の分析
水谷 利亮

5,616円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年05月18日
  • 著者/編集:   水谷 利亮平岡 和久
  • 出版社:   法律文化社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  240p
  • ISBNコード:  9784589039286

商品説明

【内容情報】(出版社より)
市町村と連携・協働・対抗しつつ柔軟性をもちながら機能してきた都道府県出先機関に着目し、行政学・地方自治論・地方財政論の知見から分析。道州制論や「地方創生」政策を批判的に検証し、都道府県の機能を再評価しながら現行の二層制の強化を提言する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 重層的な自治体間連携と都道府県機能の再検討/第1章 地方自治制度と都道府県出先機関の機能/第2章 都道府県出先機関の組織と予算のサーベイ:都道府県に対するアンケート調査をもとにして/第3章 地域産業振興政策における都道府県出先機関の機能分析:都道府県出先機関に対するアンケート調査をもとにして/第4章 都道府県出先機関の実証分析:長野県の松本地方事務所の事例をもとにして/第5章 都道府県出先機関の事例分析:愛媛県地方局と鳥取県総合事務所の事例をもとにして/第6章 地域産業振興政策における都道府県出先機関と自治体間連携:長野県諏訪地域を事例として/第7章 都道府県と政令市の「二重行政」と自治体間連携:制度改革論から調整・連携論に向けて/終章 「地方創生」と自治体間連携

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
水谷利亮(ミズタニリアキ)
下関市立大学経済学部教授、行政学/地方自治論。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。高知短期大学社会科学科助教授等を経て、2011年より現職

平岡和久(ヒラオカカズヒサ)
立命館大学政策科学部教授、財政学/地方財政論。大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。高知大学人文学部助教授等を経て、2006年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

5,616円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ