琵琶湖水域圏の可能性里山学からの展望[牛尾洋也]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学

琵琶湖水域圏の可能性 里山学からの展望
牛尾洋也

3,780円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年04月05日頃
  • 著者/編集:   牛尾洋也吉岡祥充
  • 出版社:   晃洋書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  338p
  • ISBNコード:  9784771030565

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 里山学と琵琶湖(「里山問題」の転換と里山学の課題ー“文化としての自然”の保全・再生/琵琶湖保全再生計画の位相ー琵総終結後20年間の堆積と変容をめぐって ほか)/第2部 琵琶湖と地形(流域をとらえるー愛知川流域の地形・水系・地割/河川、琵琶湖、盆地による“繋がりと分断”を考えるー近代化の「負の遺産」克服のために ほか)/第3部 琵琶湖といきもの(環境DNA分析による琵琶湖水系の魚類相解析と生態研究への応用/カワウ問題解決のための順応的管理と河川環境改善 ほか)/第4部 琵琶湖と森(東近江市の森林利用の歴史/東近江・小椋谷と木地師 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
牛尾洋也(ウシオヒロヤ)
1960年生まれ。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。龍谷大学法学部教授

吉岡祥充(ヨシオカヨシミツ)
1955年生まれ。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。龍谷大学法学部教授

清水万由子(シミズマユコ)
1980年生まれ。京都大学大学院地球環境学舎博士課程修了。博士(地球環境学)。龍谷大学政策学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

通常3〜4日程度で発送

3,780円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ