本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話 生き物たちの終末と進化の科学
ジュールズ・ハワード

2,310(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

死なないように進化できないのはなぜか?
笑いあり、ドラマありの、生き物たちの死と生をめぐる驚くべき冒険の旅へ、ようこそ!



私たちは古代から、飢餓、かんばつ、震災、戦争などを経て、争いのなか生き残ってきました。
しかし、ある動物は大人としてたった2時間だけ生きたり、ある動物は時間が来たら自ら命をたつ特徴をもっていたりします。一方で、何百年もの間生きる動物もいます。動物に取り付いて残酷な死に方をさせるような寄生虫もいれば、長く健康な人生を送らせるために取り付く寄生虫もいます。

人生における死が、色々な形で存在しているのです。

私たち(=直立した類人猿)はおそらく、結局は死ぬ、ということがみんなに起こるという事実を意識している宇宙の歴史の最初の動物です。
本書は、そんな私たちを含む、死をめぐる極上の物語。


・生命の定義、「自己複製」ができないラバは生きていると言えるのか?
・数世紀も休眠するブラインシュリンプ(小型の甲殻類)はいつ「死んだ」と判断できる?
・白内障の魚への義眼移植手術から考える「老化」の研究の歴史
・twitterで鳥の死骸を手に入れる話
・寄生生物は本当に「死の代理人」か?
・世界最古の動物ミンと、癌にかからないハダカデバネズミ
序文

Part 1 これはカエルの死骸です
1 宇宙における生と死
2 老齢と、幸運な一部を待ち受ける運命
3 バーチウッドの恐怖と嫌悪
4 遊離基の謎
5 これは死んだカササギです

Part 2 実験用ブタたち
6 テントの下のサーカス
7 性と死 ─ 死神との契約
8 ゴケグモ記者とコーヒーを
9 自殺:シロフクロウと体内に棲む藻
10 アカトビと娘の排泄物
11 ホラアナサンショウウオとグアノ
12 ホリット・グランドウィーバー
13 暗黒物質

Part 3 シタティテスの先端をめざす旅
14 死んだアリの運び出し
15 喪が終わるとき
16 人は不死を願うか?
17 いいえ、これはカエルの死骸です

終わりに

内容紹介(「BOOK」データベースより)

死と生をめぐる驚くべき冒険。

目次(「BOOK」データベースより)

1 これはカエルの死骸です(宇宙における生と死/老齢と、幸運な一部を待ち受ける運命/バーチウッドの恐怖と嫌悪 ほか)/2 実験用ブタたち(テントの下のサーカス/性と死ー死神との契約/ゴケグモ記者とコーヒーを ほか)/3 シタティテスの先端をめざす旅(死んだアリの運び出し/喪が終わるとき/人は不死を願うか? ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

ハワード,ジュールズ(Howard,Jules)
動物学者。ブログ、雑誌、ラジオ、テレビその他で幅広く活躍中。動物学や野生動植物の保護をテーマに多くのコラムを執筆するかたわら、BBCワイルドライフ・マガジン誌、ガーディアン紙などに定期的に寄稿し、『BBCブレックファースト』などのラジオ・テレビ番組に出演している。また、子供たちを動植物に親しませる活動を主宰。ほかの学者と同じように、バードライフ・インターナショナル、英国鳥類保護協会、ロンドン動物学協会などの団体とも関わりが深い

中山宥(ナカヤマユウ)
翻訳家。1964年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(16件)

総合評価
 3.29

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ