条件達成でポイント3倍 お買い物マラソン 楽天ブックスのエントリーはこちら
青い島の教室[池永陽]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

青い島の教室 (潮文庫)
池永陽

968(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 青い島の教室 906円
紙書籍版 青い島の教室 968円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年05月02日頃
  • 著者/編集:   池永陽
  • レーベル:   潮文庫
  • 出版社:   潮出版社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  480p
  • ISBNコード:  9784267021336

商品説明

【内容情報】(出版社より)
【あらすじ】
体罰を行い島に転勤させられた、かつての熱血教師“ぐうたら”先生。のどかな田舎の学校に着任したと思いきや、狭い島の中で行われていたのは、陰惨ないじめだった。
教師と真っ向から対立する有力者の娘。授業ボイコット。モンスターペアレント。
島そのものを変えなければ正しい教育はできないという校長の説得や同僚とともに、“ぐうたら”先生はかつての自分を取り戻していくーー。

解説は『夜回り先生』水谷修氏!
多くの教師、教職を目指す人たち、何より今苦しんでいる生徒たちに読んでほしい。
「柏木先生のように、身近に信用できる先生が、大人がきっといる」そう心を開いてくれるきっかけになってほしい。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
都内で中学教師を務めていた柏木真介は、体罰を問題視され伊豆諸島の離れ小島に異動を命じられる。「学校改革」を掲げる校長の岩崎は、柏木に協力を求めるが、やる気を無くしていた彼には、その想いは伝わらなかった。苛め、学級崩壊、保護者からの理不尽なクレームなどの問題が重なる中で迎えた夏休み…思いもよらない事態が起こるのだった。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
池永陽(イケナガヨウ)
1950年愛知県豊橋市生まれ。グラフィックデザイナーを経て、コピーライターとして活躍。98年「走るジイサン」で第11回小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。2006年『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      新 ガラクタ捨てれば自分が見える
      新 ガラクタ捨てれば自分が見える

      カレン・キングストン

      701円(税込)

    2. 2
      アンガーマネジメント入門
      アンガーマネジメント入門

      安藤俊介

      638円(税込)

    3. 3
      ガラクタ捨てれば未来がひらける(小学館文庫)
      ガラクタ捨てれば未来がひらける(小学館…

      カレン・キングストン

      628円(税込)

    4. 4
      ブロードキャスト(1)
      ブロードキャスト(1)

      湊 かなえ

      726円(税込)

    5. 5
      【予約】あきない世傳 金と銀(十) 合流篇
      【予約】あきない世傳 金と銀(十) 合…

      高田郁

      682円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ