楽天Kobo電子書籍 条件達成で最大700ポイント
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他

だまし絵を描かないためのーー 要件定義のセオリー
赤 俊哉

2,750(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年05月15日頃
  • 著者/編集:   赤 俊哉
  • 出版社:   リックテレコム
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  280p
  • ISBN:  9784865940688

よく一緒に購入されている商品

  • だまし絵を描かないためのーー要件定義のセオリー[赤俊哉]
  • +
  • ユーザー要求を正しく実装へつなぐシステム設計のセオリー[赤俊哉]
  • だまし絵を描かないためのーー 要件定義のセオリー
  • 赤 俊哉

2,750円(税込)

在庫あり

合計 6,380円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

◆◆◆業務とシステムの接点をしっかり捉える!◆◆◆

前著『システム設計のセオリー』で論理設計に範を示した著者が、さらなる上流工程である要件定義の手順と成果物を定式化します。
ユーザー企業とSIベンダの両方を長く経験した著者だからこそ、ビジネス要求からシステム要件への「最初の入り口」で躓かないための極意を明らかにすることができました。
企業の情報システム部門とSIベンダ、両者をつなぐ必読書です。
序 章 なぜいま「要件定」なのか?

第1章 情報システムにおける要件定義

第2章 要件定義の基本方針

第3章 要件定義の前にやっておくべきこと

第4章 要件定義でやるべきこと

第5章 非機能要件の定義

第6章 アーキテクチャの整備

第7章 妥当性確/合意形成

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 要件定義と情報システム(なぜいま、「要件定義」なのか?/情報システムにおける要件定義/要件定義の基本方針)/第2部 要件定義の実践(要件定義の前にやっておくべきこと/要件定義でやるべきこと/非機能要件の定義/アーキテクチャの整備/妥当性確認/合意形成)

著者情報(「BOOK」データベースより)

赤俊哉(セキトシヤ)
1964年生まれ。SI会社のプログラマー、SEを経て、ユーザー企業(劇場)の情報システム部門に着任。全社のシステム化を推進した後、業務現場にて営業・飲食事業・座席予約管理業務のマネージメント、BtoCビジネス等を担当。現在は会社のIT戦略とともに、業務改革、データ経営の推進、データモデリング/プロセスモデリング等、業務管理全般に従事。併行して「ポップカルチャー×伝統芸能×パフォーマンス×IT」を融合した全く新しいショーを作り上げ、プロデューサーを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ