朝日ぎらい(仮)[橘玲]
  • Googleプレビュー

朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 (朝日新書)
橘玲

2位 美容・暮らし・健康・料理部門 楽天ブックス日別ランキング(2018年06月20日)ランキングを見る

874円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 648円
紙書籍版 朝日ぎらい 874円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年06月11日頃
  • 著者/編集:   橘玲
  • 出版社:   朝日新聞出版
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  216p
  • ISBNコード:  9784022730923

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
朝日新聞に代表される戦後民主主義は、なぜ嫌われるのか。今、日本の「リベラル」は、世界基準のリベラリズムから脱落しつつある。再び希望をとり戻すにはどうすればいいのか?現象としての“朝日ぎらい”を読み解いてわかった、未来に夢を与える新しいリベラルの姿とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「リベラル」と「保守」が逆転する不思議の国(安倍政権はリベラル/リベラル化する世界)/2 アイデンティティという病(「ネトウヨ」とは誰のことか/正義依存症と愛国原理主義)/3 リバタニアとドメスティックス(グローバルスタンダードの「リベラル」/「保守」はなぜ「リベラル」に勝つのか?)/4 「リベラル」と「保守」の進化論(きれいごとはなぜうさん臭いのか?/リベラルはなぜ金持ちなのか?)/エピローグ サイバー空間のイデオロギー戦争

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
橘玲(タチバナアキラ)
作家。1959年生まれ。2002年国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。2006年『永遠の旅行者』が第19回山本周五郎賞候補となる。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部を超えるベストセラー、『言ってはいけない残酷すぎる真実』(新潮新書)が48万部を超え新書大賞2017に。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

874円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      消滅世界(下)
      消滅世界(下)

      大石英司

      972円(税込)

    2. 2
      未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
      未来の年表2 人口減少日本であなたに起…

      河合 雅司

      907円(税込)

    3. 3
      (146)自分のことだけ考える。
      (146)自分のことだけ考える。

      堀江 貴文

      864円(税込)

    4. 4
      友だち幻想
      友だち幻想

      菅野仁

      799円(税込)

    5. 5
      定年前後の「やってはいけない」
      定年前後の「やってはいけない」

      郡山史郎

      1,026円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ