金持ち課税ーー税の公正をめぐる経済史[ケネス・シーヴ]
  • Googleプレビュー

金持ち課税 税の公正をめぐる経済史
ケネス・シーヴ

3,996円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 金持ち課税ーー税の公正をめぐる経済史 3,996円
紙書籍版 金持ち課税 3,996円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「国はいつ、なぜ富裕層に課税するのか。今日、これほどタイムリーかつ意見の対立する問題はない。…20世紀の高課税は民主主義の影響だったのか、不平等への対応だったのか。…本書は、過去へさかのぼり、富裕層課税の歴史が現在の状況に何を教えてくれるかを示していく。…我々の考えでは、社会が富裕層に課税するのは、国民が国家は富裕層に特権を与えていると考え、公正な補償によって富裕層に他の国民より多く課税するよう要求する時だ」

「1914年に大規模戦争時代が到来し、富裕層課税を支持する強力な新主張が生まれた。労働者階級が徴兵されるなら、公平に、資本家階級にも同様のことが要求される。…戦争の負担が平等でないなら、富裕層はより重税を課されるべきだ。…しかし、大規模戦争がなくなると、そうした主張は消えていく。代わりに、富裕層への高課税は新たな既存体制となり、富裕層への課税は「公正」だと、何の説明もなしに主張するしかなくなっていった。そのような状況で、富裕層の税が下がっていくのは不可避だった」

世界的に不平等が拡大するなか、税による解決は可能なのか? 歴史から新たな回答を提示する基本書。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界的に不平等が拡大するなか、税による解決は可能なのか?歴史から新たな回答を提示する基本書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 課税をめぐる議論(政府が富裕層に課税する理由/市民の平等な扱い)/第2部 政府はどのようなときに富裕層に課税してきたか(過去2世紀の所得税/相続財産への課税/文脈のなかでの富裕層課税)/第3部 なぜ各国政府は富裕層に課税してきたのか(富の徴兵/戦争テクノロジーの役割/なぜ富裕層課税は縮小したのか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
シーヴ,ケネス(Scheve,Kenneth)
スタンフォード大学フリーマン・スポグリ国際問題研究所教授(政治学)および上級フェロー

スタサヴェージ,デイヴィッド(Stasavage,David)
ニューヨーク大学ウィルフ・ファミリー政治学部ジュリアス・シルヴァー教授

立木勝(タチキマサル)
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと20

3,996円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ