信頼される・一目置かれる「おとなの英語」言い方のコツ[佐藤洋一]
  • Googleプレビュー

「おとなの英語」言い方のコツ 信頼される・一目おかれる
佐藤洋一

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「おとなの英語」言い方のコツ 1,512円
紙書籍版 「おとなの英語」言い方のコツ 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年06月11日頃
  • 著者/編集:   佐藤洋一
  • 出版社:   かんき出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  189p
  • ISBNコード:  9784761273484

商品説明

【内容情報】(出版社より)
本書は、TOEIC400点レベルの中学英語を、品があって知的なおとなの英語に変える3つのコツを、イラストを使ってわかりやすく解説。ゴールは、中学英語でもドギマギせずに、礼儀正しく堂々と英語を話せるようになること。キーワードは、「言い換える」「文を飾る」「文をつなぐ」。

まずは、子どものときから知っているフレーズをいったん手放して、「言い換える」ことから始めよう。実は、日本人は当たり前のように使っているけど、外国人にはとても奇妙に聞こえるフレーズがたくさんある。たとえば、「Ibeg your Pardon?ではなくSorry?」「OK,OKではなくてThat’s OK.」「Sit down, please.ではなくHave a seat.」……この表現ならおとなが使って間違いなし!という表現を著者と英語学習者の弱点を把握しているネイティブたちが厳選。これらのフレーズを使うだけでも、ぐっときちんとした英語になる。

2つめは形容詞、副詞で文を「飾る」。Goodやbadばかり使っていては、会話が弾まない。最低限知っておきたい形容詞と副詞のバリエーション、そして使い方を紹介。

3つめは、文を「つなげる」。英語は3語で伝えるーーよく言われることだ。もちろん3語でいい。ただ、ぶつ切れが続いては子どもっぽい印象になる。そこで3語の文を、ひとつの接続詞、関係代名詞でつなぐ。それだけで一気に情報量が増えて、正しく伝わる。

使う単語や表現は中学レベルでOK。でもこの3つを意識して話すだけで、あたなの考えやきちんとした人柄は相手に伝わり、信頼されて一目おかれる存在になること間違いなし!

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年06月11日 - 2018年06月17日)

     :第2007位(↑) > ビジネス・経済・就職:第139位(↑) > 産業:第19位(↑) > 商業:第13位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365
      1日1ページ、読むだけで身につく世界の教…

      デイヴィッド・S・キダー

      2,570円(税込)

    2. 2
      会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方
      会社四季報の達人が教える10倍株・100倍…

      渡部 清二

      1,512円(税込)

    3. 3
      10年後の仕事図鑑
      10年後の仕事図鑑

      堀江 貴文

      1,512円(税込)

    4. 4
      「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
      「読む力」と「地頭力」がいっきに身につ…

      西岡 壱誠

      1,512円(税込)

    5. 5
      1分で話せ
      1分で話せ

      伊藤 羊一

      1,512円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ