第161回 芥川賞・直木賞決定!
日本語は哲学する言語である[小浜逸郎]
  • Googleプレビュー

日本語は哲学する言語である
小浜逸郎

2,160円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本語は哲学する言語である 1,944円
紙書籍版 日本語は哲学する言語である 2,160円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年07月21日
  • 著者/編集:   小浜逸郎
  • 出版社:   徳間書店
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  304p
  • ISBNコード:  9784198646585

商品説明

日本語は、曖昧で非論理的な言語とみられてきた。西洋哲学はデカルト以来、疑う主体である自分と対象を画然と区別した。この対象(延長体)を客体化する視点が、科学技術の発展を促し、そこに西洋の優位が生まれた。しかし、言語をロゴスとみなす西洋哲学が、人間の実存に対する理解を歪めてきたのも一方の事実である。本書は、そうした西洋哲学に異議を申し立て、日本語の特性を徹底的に吟味しながら、日本語による哲学の可能性を追求する試みである。

【内容情報】(出版社より)
日本語は、曖昧で情緒的な言語とみられてきた。一方でデカルトに代表される西洋哲学は、言語をロゴスとして捉え、人間を理性的存在とみなして、情緒的なあり方をパッションに閉じ込めてきた。それゆえ人間の身体性やいまここに立ち現れている現実が歪められてきたのも事実である。本書は、日本語の「曖昧さや情緒」を文法構造に分け入って分析することで、これまで普遍的とされてきた思考とは異なる世界理解を切り拓く日本語による哲学の試みである。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本語を日本語で哲学すれば、デカルトやハイデガーが、何を間違えたのかがよくわかる。西洋哲学がそのロゴス至上主義ゆえに逢着してしまったアポリアを超えて日本語の文法構造から新しい日本語の哲学を切り拓く画期的な試み。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 西洋哲学と格闘した日本人(デカルトの「疑い得ないわれ」を疑う/大森荘蔵の「立ち現れ一元論」 ほか)/第2章 日本語は世界をこのようにとらえる(「いるーある」問題/「ことーもの」問題 ほか)/第3章 言葉の本質(言葉の本源は音声である/言葉は世界を虚構する ほか)/第4章 日本語文法から見えてくる哲学的問題(品詞分類批判/統辞論 ほか)/第5章 語りだけが真実である(真理・真実とは何か/現象が「事実」や「真理」になるための条件 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小浜逸郎(コハマイツオ)
1947年、横浜生まれ。横浜国立大学工学部卒業。批評家、国士舘大学客員教授。思想、哲学から仕事、教育、家族など現代日本が直面している社会問題に対して幅広い批評活動を展開している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと17

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,160円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ