権力と新聞の大問題(集英社新書)[望月衣塑子]
権力と新聞の大問題(集英社新書)[望月衣塑子] 権力と新聞の大問題(集英社新書)[望月衣塑子]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

権力と新聞の大問題 (集英社新書)
望月 衣塑子

928円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 権力と新聞の大問題 832円
紙書籍版 権力と新聞の大問題 928円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 権力と新聞の大問題(集英社新書)[望月衣塑子]
  • +
  • 安倍政治100のファクトチェック(集英社新書)[南彰]
  • 権力と新聞の大問題 (集英社新書)
  • 望月 衣塑子

928円(税込)

在庫あり

907円(税込)

在庫あり

合計 1,835円(税込)

閉じる

商品説明

推薦◆

森達也氏(映画監督・作家・明治大学特任教授)


「メディアとはその国を現す鏡。

ならばジャーナリズムの劣化は国の劣化を示す。


自民党一強政治のもとで、何が変わり何が失われたのか。

それはメディアの退行と同心円を描く。

読むべきは日本に暮らす人すべて。

絶対にあなたも、たくさんの発見をするはずだ」


◆内容◆

官房長官会見で記者として当然の質問を重ねることで、なぜか日本の既存メディアから異端視される東京新聞の望月記者。そんな「不思議の国・日本」のメディア状況を、彼女とニューヨーク・タイムズ前東京支局長マーティン・ファクラー記者がタブーなしで語りあう。


政権とメディア上層部の度重なる会食や報道自粛の忖度など、問題は山積している。はたしてメディアや記者クラブが守るのは言論の自由か、それとも取材対象の利益か。権力を監視・チェックするジャーナリズム本来の役割と部族化する言論空間の問題点、新メディアの可能性などの展望を示す警世の一冊。


◆目次◆

第一章 権力に翻弄される報道メディア

第二章 メディアを自縛する「記者クラブ」

第三章 劇場化する記者会見

第四章 “闘う本性”を持つアメリカのメディア

第五章 アメリカのシナリオで強権化する安倍政権

第六章 政権のメディア・コントロールの実体

第七章 政権批判がメディアを活性化する

第八章 ネット時代における報道メディアの可能性

第九章 権力から監視される記者たち


◆主なトピック◆

◎なぜ望月記者は質問をし続けなければいけないのか?

◎森友・加計疑惑以上に政権に都合の悪い問題を報じなかった新聞

◎情報のカオスに翻弄される新聞の存在意義

◎イメージとは違うオバマ政権の強硬なメディア弾圧

◎スノーデン事件につながる衝撃的な出来事

◎ブッシュ政権VSニューヨーク・タイムズの熾烈な闘い

◎安保法制と秘密保護法の本当の狙い

◎北朝鮮と米中の動きを読めない安倍政権

◎朝日新聞の逆襲

◎安倍政権にひれ伏したテレビ局

◎財務省文書改竄で見えてきた安倍政権の本性

◎政権に逆らう人間を潰す方法

◎トランプ大統領のおかげで部数を伸ばしたアメリカの新聞

◎なぜ日本では新しいメディアが出てこないのか

◎韓国のネット・メディアが日本よりも進んでいる理由

◎なぜフェイク・ニュースが喜ばれるのか

など


◆著者略歴◆

望月 衣塑子 (もちづき いそこ)

1975年、東京都生まれ。東京新聞社会部記者。2017年、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。主な著書に『新聞記者』(角川新書)等。共著に『THE独裁者』(KKベストセラーズ)、『追及力』(光文社新書)。


Martin Fackler(マーティン・ファクラー)

1966年、アメリカ合衆国アイオワ州生まれ。前ニューヨーク・タイムズ東京支局長。著書『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』(双葉社)、『権力者とメディアが対立する新時代』(詩想社新書)等。

【内容情報】(出版社より)
メディアや記者クラブが守るのは言論の自由か、それとも取材対象の利益か。ファクラー氏と望月氏が権力を監視・チェックするジャーナリズム本来の役割と部族化する言論空間の問題点、展望を示す。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
官房長官会見で記者として当然の質問を重ねることで、なぜか日本の既存メディアから異端視される東京新聞の望月記者。そんな「不思議の国・日本」のメディア状況を、彼女とニューヨーク・タイムズ前東京支局長マーティン・ファクラー記者がタブーなしで語りあう。政権とメディア上層部の度重なる会食や報道自粛の忖度など、問題は山積している。はたしてメディアや記者クラブが守るのは言論の自由か、それとも取材対象の利益か。権力を監視・チェックするジャーナリズム本来の役割と部族化する言論空間の問題点、新メディアの可能性などの展望を示す警世の一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 権力に翻弄される報道メディア/第2章 メディアを自縛する「記者クラブ」/第3章 劇場化する記者会見/第4章 “闘う本性”を持つアメリカのメディア/第5章 アメリカのシナリオで強権化する安倍政権/第6章 政権のメディア・コントロールの実体/第7章 政権批判がメディアを活性化する/第8章 ネット時代における報道メディアの可能性/第9章 権力から監視される記者たち

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
望月衣塑子(モチズキイソコ)
1975年、東京都生まれ。東京新聞社会部記者。2017年、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞

ファクラー,マーティン(Fackler,Martin)
1966年、アメリカ合衆国アイオワ州生まれ。ニューヨーク・タイムズ前東京支局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.4

ブックスのレビュー

  • (無題)
    akishuu8528
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年10月05日

    新聞やテレビのニュースに不満に思っていたが、やはり、そうだったんだと納得しました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月13日 - 2019年05月19日)

     :第-位( - ) > 新書:第2473位(↑) > その他:第826位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

928円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    4. 4
      恥をかかないスピーチ力
      恥をかかないスピーチ力

      齋藤孝(教育学)

      820円(税込)

    5. 5
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で…

      渡邉 義浩

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ