秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > その他
日本のワインで奇跡を起こす山梨のブドウ「甲州」が世界の頂点をつかむまで[三澤茂計]
  • Googleプレビュー

日本のワインで奇跡を起こす 山梨のブドウ「甲州」が世界の頂点をつかむまで
三澤 茂計

1,650(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

「薄い」「甘い」といった日本産ワインの悪評をくつがえし世界屈指のコンクールで最高賞を連続受賞!
【伝統ワイナリーの夢を継ぎ 革新を起こす父娘の挑戦】
山梨の「甲州」が20カ国・地域で愛されるまで

内容紹介(「BOOK」データベースより)

1000年の歴史をもつ日本固有種のワイン用ブドウ「甲州」。今では、エレガントかつピュアな味わいが愛されていますが、糖度が上がりづらく、「ワインには不向き」とされてきました。父はブドウ栽培まで立ち返り、娘は海外で学んだ新たな栽培法や醸造法にトライするも、なかなか成果は上がりませんでした。ところが、父にとっては40年弱、娘にとっては7年の歳月を経て、ついに奇跡は起こります。変異した房があらわれ、このブドウを含めて醸造したワインは、世界最高峰のワインコンクール、で日本初の金賞を受賞。これは、苦難と焦燥、ときに喜びを分かち合う、ものづくりと家族の物語です。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 成長前夜(“二流”の悔しさを忘れない/失敗が照らした新たなる道/貪欲に吸収する)/第2部 飛躍のとき(「夢」を追い続ける/新たな挑戦を恐れない/さらなる高みをめざして)

著者情報(「BOOK」データベースより)

三澤茂計(ミサワシゲカズ)
中央葡萄酒株式会社代表取締役社長。1948年、山梨県甲州市出身。東京工業大学卒。大手商社勤務を経て、82年に中央葡萄酒株式会社入社、89年より現任。83年には国内初となる勝沼町原産地認証ワインの第1号を醸造。2009年に海外展開を目的とした「甲州オブジャパン(KOJ)」の設立に尽力し、「甲州」という品種や産地の認知向上に貢献してきた。2014年に主力銘柄「キュヴェ三澤」で、世界で最も権威があるといわれるワインコンクール「デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード(DWWA)」金賞を日本で初めて受賞した

三澤彩奈(ミサワアヤナ)
中央葡萄酒株式会社取締役栽培醸造責任者。マレーシアのワインイベントを手伝った際、自社ワインを愛飲してくれていた外国人夫婦に感激し、ワイン造りの道へ。ボルドー大学卒業後は家業に戻り、シーズンオフには南アフリカ・オーストラリア・チリ等へ武者修行に出て新たな知見を吸収、ブドウ栽培や醸造を父・茂計とともに見直してきた。スパークリングワインやロゼワインなど新たな仕込みにも挑戦し、DWWAでは2014年以来、5年連続金賞を受賞するなか、2016年は欧州勢が上位を占めるスパークリング部門でも最高賞を受賞した

堀香織(ホリカオル)
ライター/編集者。石川県金沢市出身。武蔵野美術大学卒。雑誌『SWITCH』の編集者を経てフリーに。現在は『Forbes JAPAN』ほか、各媒体でインタビュー記事を中心に執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.33

ブックスのレビュー(1件)

  • 日本ワイン
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年10月25日

    日本ワイン・ラヴァーの方の必読書だと思います。
    フランス、イタリア、オーストラリア、チリワインじゃなく地産地消で日本ワイン!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月06日 - 2021年09月12日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第6577位(↑) > 工学:第2901位(↑) > その他:第1000位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと5

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ