先生、脳のなかで自然が叫んでいます![鳥取環境大学]の森の人間動物行動学・番外編[小林朋道]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

先生、脳のなかで自然が叫んでいます! [鳥取環境大学]の森の人間動物行動学・番外編
小林 朋道

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年08月31日
  • 著者/編集:   小林 朋道
  • 出版社:   築地書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  184p
  • ISBNコード:  9784806715665

商品説明

【内容情報】(出版社より)
自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を描く、
大人気「先生!シリーズ」の著者、コバヤシ教授の自然へのまなざしは、
どのようにして培われてきたのか。

幼いホモ・サピエンスの一見残酷な虫遊びには意味があるのか、
生物を擬人化することは、ヒトの生存・繁殖に有利なのか、
生き物の習性・生態に、ヒトが特に敏感に反応するのはなぜか、
アカネズミとドングリの関係、
ニホンモモンガの暮らし、
大学キャンパスでの動物との出合い、
子どもたちとの自然教室での実験などをまじえて、
動物行動学と脳のクセから考え、
「先生!シリーズ」の底を流れる、ヒトの精神と自然とのつながりを読み解く。

「先生!シリーズ」をより深く楽しむための必読書。
はじめに

第1章 もし、あなたがアカネズミだったなら?
   「擬人化」はヒトと自然の精神的なつながりを醸しだす

第2章 ノウサギの“太腿つき脚”は生物か無生物か
   子どものころの生物とのふれあいが脳に与える影響

第3章 幼いホモ・サピエンスはなぜダンゴムシをもてあそぶのか
    脳には生物の認識に専門に働く領域がある!

第4章 ポケモンGOはなぜ人気があるのか
   推察する、探す、採集する、育てる、自慢する………狩猟採集生活がそこにある!?

第5章 狩猟採集民としての能力と学習の深い関係
    ヒトの脳は、生物の「習性・生態」に特に敏感に反応する

第6章 古民家にヤギやカエルとふれあえる里山動物博物館をつくりませんか?
    ヒトの心身と自然と文化の切っても切れないつながり

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

予約受付中

発売日以降のお届け

発売日よりも後のお届けになる可能性があります。

1,728円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      空飛ぶ馬
      空飛ぶ馬

      北村薫

      777円(税込)

    2. 2
      開けられたパンドラの箱
      開けられたパンドラの箱

      月刊『創』編集部

      1,620円(税込)

    3. 3
      英単語の語源図鑑
      英単語の語源図鑑

      清水建二

      1,620円(税込)

    4. 4
      下町ロケット ゴースト
      下町ロケット ゴースト

      池井戸 潤

      1,620円(税込)

    5. 5
      【予約】土曜ナイトドラマ 「おっさんずラブ」公式ブック
      【予約】土曜ナイトドラマ 「おっさんず…

      テレビ朝日

      1,458円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ