ほぼ日の経営(仮)[川島蓉子]
  • Googleプレビュー

すいません、ほぼ日の経営。
川島蓉子

1,650円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 すいません、ほぼ日の経営。 1,650円
紙書籍版 すいません、ほぼ日の経営。 1,650円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年10月19日
  • 著者/編集:   川島蓉子糸井重里
  • 出版社:   日経BP
  • 発行形態:  単行本
  • ISBNコード:  9784822257866
  • 注記:  付属資料:しおり1

商品説明

【内容情報】(出版社より)
ほぼ日の経営について、
まるごと糸井さんに聞いてきましたーー。

糸井さんは、もともとフリーのコピーライターで、組織に身を置いたことはほとんどない。
それなのに、活動の幅を広げる過程で事務所を立ち上げ、100人以上が勤める企業をつくりあげた。
一方の私は、大学卒業後に伊藤忠商事の事業会社のひとつである
伊藤忠ファッションシステムに入社して35年目。
転職をしたこともなければ、フリーとして活動した経験もない。
根っからの組織人であり、よくも悪くも日本企業の価値観が、骨の髄(ずい)までしみこんでいる。
そんな私が、糸井さんにほぼ日という会社の目指す先を聞いていった。
インタビューは、驚きと発見の連続だった。
事業、人、組織、上場、社長ーー。企業の根幹を支える部分について、
なにを考え、どのように向き合っているのか。
糸井さんが語ってくれた話の数々は、長年の会社員生活を通じて、
私の中にインプットされた常識をくつがえす内容ばかりだった。--まえがきより

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の創刊から20周年。
ジャーナリストの川島蓉子さんが、ほぼ日を率いる糸井重里さんに、「ほぼ日の経営」について、まるごと聞いてきました。
ほぼ日の「これまで」と「今」。
なぜほぼ日では、魅力的なコンテンツ、サービス、商品が、次々に誕生しているのでしょうか。
糸井さんとほぼ日にとって、事業とは、働くとは、そして会社とはーー。
まえがき

【第一章】 ほぼ日と事業
  企画書や会議はいらない/誰も解けない難問につっこんでいく/
  クリエイティブには「供給源」が必要/農業のように毎日続けていく

【第二章】 ほぼ日と人
  漫然と働く時間はもったいない/「人をつくる」ことにお金をかける/
  「力がある」だけでは人をとらない/手仕事のように評価をする

【第三章】 ほぼ日と組織
  雪かき、祭りの寄付、峠の茶屋/総務がすごく前にいる会社/
  人体模型のような組織図/会社が遊びより楽しい場所になればいい

【第四章】 ほぼ日と上場
  ほぼ日が、ぼくの背丈を超えた/もうけたい株主も応援したい株主も/
  自由を確保するために予算がある

【第五章】 ほぼ日と社長
  社員と一緒に考え続ける/「いい方向」に行くための航海図/
  大事にしているのは、肯定感/次期社長を立候補で決めてみる

あとがき

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ほぼ日の経営について、まるごと糸井さんに聞いてきました。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ほぼ日と事業/第2章 ほぼ日と人/第3章 ほぼ日と組織/第4章 ほぼ日と上場/第5章 ほぼ日と社長

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川島蓉子(カワシマヨウコ)
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科修了。伊藤忠ファッションシステム株式会社取締役。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト

糸井重里(イトイシゲサト)
1948年群馬県生まれ。「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。株式会社ほぼ日代表取締役社長。1971年にコピーライターとしてデビュー。「不思議、大好き。」「おいしい生活。」などの広告で一躍有名に。また、作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など、幅広いジャンルでも活躍。1998年6月にウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を立ち上げてからは、同サイトでの活動に全力を傾けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(41件)

総合評価
 4.13

ブックスのレビュー

  • 大事なのは理念
    akiu アキウ akiu
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年09月14日

    ほぼ日の経営論。特殊な企業のようで、実は人を活かす経営という王道を行っているのかもしれない、と思った。ほぼ日って、まったく新しいことをやっている(イノベーター)というより、話題になり始めた新しいこと(アーリーアダプター)に対して、高い質でコト・モノを提供する、という印象があり、それをうまく維持するために、アイデアの「供給源」となる環境を常に整え、自分たちを信じてコツコツと続けてきた、という感じでしょうか。上場にもあまり違和感が無いです。糸井さんがいなくなっても、続いていくような気もするな。大事なのは理念。

    0人が参考になったと回答

  • 良い意味での素人が語る経営論
    mkimura1101
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年07月06日

    ビジネス書では見られない語り口での経営論。でも、とても新鮮で、組織にガチガチな立場の人から見たら、「そんな無理言わないで〜」と言いたくなる。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年05月04日

    「ほぼ日」がジャスダックに上場して以来、この会社がどういう組織なのかとても気になっていて、自分の興味・関心がどこに起因するのか、謎解きをするような気持ちで読みました。とても読みやすい文体で、あっという間に読了。やはり、いい組織は「人」を大事にするものですね。

    0人が参考になったと回答

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,650円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ