本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
医薬品製造工場の施設・設備設計のポイント固形製剤・無菌製剤・バイオ原薬に関連して基本から応用まで[井戸誠嗣]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

医薬品製造工場の施設・設備設計のポイント 固形製剤・無菌製剤・バイオ原薬に関連して基本から応用まで
井戸 真嗣

6,600円(税込)送料無料

【3日間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年06月30日頃
  • 著者/編集:   井戸 真嗣中村 健太郎
  • 出版社:   じほう
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBNコード:  9784840750912

商品説明

【内容情報】(出版社より)
●固形製剤、無菌製剤、バイオ原薬の製造施設の設計において
 押さえておかなければならないポイントをわかりやすく解説

本書は製薬会社の製造部門、品質保証・管理部門、工務部門向けに日揮株式会社が開催しているエンジニアリング講座の内容をまとめたものです。医薬品製造に関する技術革新は日進月歩であり、約10年前までほとんど普及していなかった、RABS(Restricted Access Barrier Systems)、シングルユース、連続生産といった新技術も近年、盛んに活用されるようになりました。規制対応についても、ICH Qカルテット(Q8、Q9、Q10、Q11)が発出され、製造プロセスに対する深い理解によるCQA(Critical Quality Attribute)の管理、QRM(Quality Risk Management)およびPQS(Pharmaceutical Quality System)を基本とした品質システムが取り入れられています。また、日本がPIC/Sに加盟したことによりGDP(Good Distribution Practice)に対する意識等、製品に関するライフサイクルを通じた深い理解が求められるようになっています。日々変化する医薬品製造を取り巻く環境に対応するためのエンジニアリング技術の基礎や新技術採用のポイントについて、固形製剤、無菌製剤、バイオ原薬の特性に合わせて解説します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 医薬品製造工場の施設設備設計のベース(医薬品製造プロセスの分類/GMP遵守 ほか)/第2章 固形製剤製造工場の施設・設備設計のポイント(固形製剤工場の特徴/工場設計の流れ ほか)/第3章 無菌製剤製造工場の施設・設備設計のポイント(無菌製剤の種類、製造プロセス/生産設備の設計のポイント ほか)/第4章 バイオ医薬品用原薬製造工場の施設・設備設計のポイント(バイオ医薬品の種類とバイオ医薬品用原薬製造プロセス/バイオ医薬品用原薬の施設設計のポイント ほか)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと7

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

6,600円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ