「定年後」はお寺が居場所(集英社新書)[星野哲]
「定年後」はお寺が居場所(集英社新書)[星野哲] 「定年後」はお寺が居場所(集英社新書)[星野哲]
  • Googleプレビュー

「定年後」はお寺が居場所 (集英社新書)
星野 哲

842円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

このバナーをご覧の方限定!100円引きクーポン

クーポン獲得はこちら
※税込み3,000円以上購入でご利用可能

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「定年後」はお寺が居場所 756円
紙書籍版 「定年後」はお寺が居場所 842円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年07月13日
  • 著者/編集:   星野 哲
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  192p
  • ISBNコード:  9784087210422

商品説明

あのドラッカーもお寺を

「NPOの原点」として評価していた!


世界的ベストセラー『マネジメント』などで知られる経営学者のP・F・ドラッカーは、著書『非営利組織の経営』の日本語版の序文の冒頭、以下のように述べている。


「最古の非営利組織(NPO)は日本にある。日本の寺は自治的だった。もちろん非営利だった」と。


今やお寺はお葬式やお墓参りの時だけ行く場所ではなくなっている。近年、婚活や子育てサポート、退職後の再就職支援に、住まいの提供、最期の看取りまで面倒を見てくれるお寺が増えつつある。


30年以上、お寺と関わってきた著者が、こうしたお寺の可能性に着目。過疎や少子化で寺院の消滅が叫ばれる時代に奮闘する僧侶の姿を通じて、お寺が持っていた地域コミュニティの核としての機能を論じる。著者のメッセージは明快だ。「生きているうちに寺に行こう!」--本書を手に、気になるお寺に出かけてみてはいかがだろうか。きっといいご縁にめぐり合えるはずだ。


【目次/見出しは抜粋】

序章 寺は生きている人のためにある

「いま」「ここ」の苦に向き合う

深刻な社会的孤立


第1章 出会いの場としての寺

ご縁をつなぐ場に

ソーシャル・キャピタルとサードプレイス

日本一若者が集まる「劇場」寺院ー大阪市・應典院

お寺が主催の婚活「寺コン」-吉縁会

仏教体験しながら男女が交流

「寺なら安心」という信頼がベース


第2章 子育ても、寺で

子育ての悩みを共有ー京都市・東光寺

広い本堂は親子の遊び場

貧困の子どものために寺子屋をー名古屋市・性高院

「ちゃれん寺」に込めた思い

家の提供、保育園の開設も

「子どもの寺」として里子を育てるー和歌山県伊都郡かつらぎ町・童楽寺

仏さまへの供物を一人親家庭へーおてらおやつクラブ


第3章 人の悩みに寄り添う寺

あなたのお話お聴きしますー東京都港区・正山寺

1回80分の面談

自死・自殺にも向き合う

街なかに集う「場」を開く

中高年の「生きがい」支えるー石川県金沢市・乗圓寺

就労支援のパソコン教室

引き取り手のない遺体を葬儀・埋葬ー群馬県館林市・源清寺

身元保証、フードバンク 広がる活動

宿坊で過疎地を支えたいー鳥取県八頭郡八頭町・光澤寺

魚売るのも僧侶の仕事ー千葉県勝浦市・妙海寺

過疎の地元を元気に

檀家の支えでグループホーム運営ー大阪府池田市・如来寺

空き民家を活用

地域に支えられる「里家」

街なかに「寺子屋」も開く


第4章 人生の終末を支える寺

「いのち」に向き合うー東京都文京区・浄心寺

ホスピスや緩和ケア病棟へ

生前契約で老後から死後まで支える

「四苦抜苦」こそ僧侶の役割ー長野県松本市・神宮寺

コミュニティケア目指し介護事業

永代供養墓でコミュニティづくりー新潟市・妙光寺

跡継ぎ・血縁にこだわらない

地域のお祭りに

終章 居場所としての寺に出会うには

コミュニティの核となる寺

お寺検索のポータルサイト

葬儀・法要も出会いの場


【著者略歴】

星野 哲(ほしの さとし)

立教大学社会デザイン研究所研究員。朝日新聞記者を経て独立。墓や葬儀の変化を通して見える家族や社会の変質に興味を抱き、取材・研究を続ける。終活関連分野全般、特に人生のエンディングを社会でどう支えるかに関心があり、その中で社会的リソースとして寺院の役割に着目。単著に『終活難民 あなたは誰に送ってもらえますか』『遺贈寄付 最期のお金の活かし方』などがある。

【内容情報】(出版社より)
食事や住まいの提供、再就職支援に看取りまで……。近年、お寺は葬式だけでなく、地域コミュニティの中核を担いつつある。30年以上、寺院と関わり続けてきた著者が、「居場所」としての寺を紹介する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
お寺は、葬儀やお墓参りのときに行く場所、もしくは観光で訪れるところといった印象がある。しかし近年、家でも会社でもない「居場所」を提供する場としてのお寺に注目が集まっている。人生のパートナーを見つける出会いの場、子育てサポートの場、退職後の再就職支援に、住まいの提供、看取りまで…。社会的に孤立する人々に寄り添うお寺が増えつつある。三〇年以上、お寺と関わってきた著者が、こうしたお寺の可能性に着目。過疎や少子化で寺院の消滅が叫ばれる時代に奮闘する僧侶の姿を通して、お寺が持っていた地域コミュニティの核としての機能を論じる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 寺は生きている人のためにある/第1章 出会いの場としての寺/第2章 子育ても、寺で/第3章 人の悩みに寄り添う寺/第4章 人生の終末を支える寺/終章 居場所としての寺に出会うには

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
星野哲(ホシノサトシ)
立教大学社会デザイン研究所研究員。朝日新聞記者を経て独立。墓や葬儀の変化を通して見える家族や社会の変質に興味を抱き、取材・研究を続ける。終活関連分野全般、特に人生のエンディングを社会でどう支えるかに関心があり、その中で社会的リソースとして寺院の役割に着目(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 大層していらっしゃいます
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年04月28日

    昨今、門信徒の高齢化や信仰の多様化や薄れなど、お寺様も布教や運営に苦労されているようです。
    真宗王国と言われるこちらの地方でも、色々なイベントやアクションを数多く行い、敷居の低い開かれたお寺を目指している、ご住職や若院が多数いらっしゃり頭が下がります。
    お寺との付き合い方を考えさせられる1冊でした。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年09月09日 - 2019年09月15日)

     :第-位( - ) > 新書:第3605位(↑) > 美容・暮らし・健康・料理:第580位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    2. 2
      ラグビー知的観戦のすすめ
      ラグビー知的観戦のすすめ

      廣瀬 俊朗

      907円(税込)

    3. 3
      自分のことは話すな
      自分のことは話すな

      吉原珠央

      950円(税込)

    4. 4
      ケーキの切れない非行少年たち
      ケーキの切れない非行少年たち

      宮口 幸治

      777円(税込)

    5. 5
      上級国民/下級国民
      上級国民/下級国民

      橘 玲

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ