[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ
  • これは水です(ポケットスタンダード)[デヴィッド・フォスター・ウォレス]
  • これは水です(ポケットスタンダード)[デヴィッド・フォスター・ウォレス]
  • これは水です(ポケットスタンダード)[デヴィッド・フォスター・ウォレス]
これは水です(ポケットスタンダード)[デヴィッド・フォスター・ウォレス]
  • Googleプレビュー

これは水です (ポケットスタンダード)
デヴィッド・フォスター・ウォレス

1,320(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (文庫)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

デヴィッド・フォスター・ウォレスと、『これは水です』のこと

文/丸屋九兵衛

正直なところ、この『これは水です』に書評なぞ要らないのだと思う。

だが、「真理とは(略)50歳になるまでには、どうにかそれを身につけて、銃でじぶんの頭を撃ち抜きたいと思わないようにすること」と説いていながら、46歳で自ら人生に終止符を打った優しい哲人のことを思うと、何か書かずにはいられないのだ。

「ポスト・ピンチョン世代の巨人」。あるいは「20世紀最後の大作家」。そう評されるデヴィッド・フォスター・ウォレスは、筆が遅い男だった。長編小説は生涯で計3作、それも最後の『The Pale King』は未完ときている。短編集も3冊のみだ。これでは、音楽の世界に喩えれば「ジョージ・マイケル並」と言っていいくらいの寡作である。さらに我々が不利なのは、そんなウォレスのビブリオグラフィで和訳されたものが少ないということ。そこに、この1冊『これは水です』が付け加わったことは、素直に嬉しい。

ウォレスの長編3作はどれも長い。

特に、96年の『Infinite Jest』は原著で1000ページを超えるシロモノだが、『タイム』誌が「1923年から2005年のあいだに書かれた英語小説ベスト100の一つ」と位置付けた逸品でもある。マーヴィン・ピーク『ゴーメンガースト』とイシュメール・リード『マンボ・ジャンボ』とニール・スティーヴンスン『スノウ・クラッシュ』を合わせたような世界で、明晰な知性とナードらしい面倒くささが匂い立つ怪作、と言おうか。

『人生はローリングストーン』なる邦題がつけられた映画『The End of the Tour』を見てみよう。

件の大著『Infinite Jest』の発表時、書店をプロモーションで回るウォレスに帯同して5日間を共に過ごしたデヴィッド・リプスキーが書いたメモワール『Although Of Course You End Up Becoming Yourself: A Road Trip with David Foster Wallace』を映像化したものだ。ここでもやはり、ジェイソン・シーゲル演じるウォレスはーー人当たりこそいいもののーーナード特有の面倒くさ〜い感じがプンプンする人物として描かれていた……。

そう。

わたしとて、ウォレスが単なる「善人」「人当たりのいい人」だった……とは決して思わないのだ。

それでも。

「思いやりと愛、表面を見透せば、森羅万象はひとつです」

そう言い切る『これは水です』に溢れているのはウォレスの優しさだ。

悲しいかな、繊細で優しすぎる者にとって、この世はあまりに生きづらい。だがそれで…
これは水です
〈訳者解説〉「蒼白の王」のグッド・バイ
訳注
校訂

内容紹介(「BOOK」データベースより)

夭逝した天才ポストモダン作家が若者たちに遺した珠玉のメッセージ!

著者情報(「BOOK」データベースより)

ウォレス,デヴィッド・フォスター(Wallace,David Foster)(ウォレス,デヴィッドフォスター)
1962〜2008。作家。イリノイ州で育ち、少年時代はテニス選手。アムハースト大学で様相論理と数学を専攻、25歳で書いた処女長編『システムの箒』で作家デビューする。アリゾナ大学創作学科で修士課程を修了、ハーヴァード大学哲学科に移るが、鬱病で中退。詩人兼作家メアリー・カーとの恋愛を経て、95年に1076ページの長編『無限の道化』を完成させた。未完の長編『蒼白の王』を残して自殺した

阿部重夫(アベシゲオ)
1948〜。調査報道記者。東京生まれ、1973年、東京大学文学部社会学科卒。日本経済新聞社に入社し、社会部、整理部、金融部、証券部、論説委員兼編集委員を経て95年にロンドン総局駐在。98年に退社し英国ケンブリッジ大学客員研究員としてイラク大量破壊兵器問題を研究した。99年から月刊誌「選択」編集長、2006年に月刊誌FACTAを創刊した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(30件)

総合評価
 3.96

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年04月07日

    自分がインスタでフォローしている書店員の方がおすすめされていたので読んでみましたが、内容は大変意義のあるもので感銘を受けました。繊細な内容でしたが上手に訳されており、すんなり入ってきました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年11月22日 - 2021年11月28日)

     :第8991位(↑) > 文庫:第462位(↑) > 小説・エッセイ:第333位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      [新版]日本国紀<上>
      [新版]日本国紀<上>

      百田 尚樹

      825円(税込)

    2. 2
      [新版]日本国紀<下>
      [新版]日本国紀<下>

      百田 尚樹

      825円(税込)

    3. 3
      怒らないこと
      怒らないこと

      アルボムッレ スマナサーラ

      770円(税込)

    4. 4
      【予約】いのちの車窓から
      【予約】いのちの車窓から

      星野 源

      660円(税込)

    5. 5
      このミステリーがすごい! 2022年版
      このミステリーがすごい! 2022年版

      『このミステリーがすごい!』編集部

      750円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ