楽天Kobo初めての方限定!条件達成で電子書籍購入がポイント50倍
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > デザイン・グラフィックス > 3Dグラフィックス
まるごとわかる3Dドットモデリング入門~MagicaVoxelでつくる!Unityで動かす!~MagicaVoxelでつくる!Unityで動か[今井健太]
  • Googleプレビュー

まるごとわかる3Dドットモデリング入門 〜MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!〜 MagicaVoxelでつくる! Unityで動か
今井健太

9位 3Dグラフィックス部門 楽天ブックス週間ランキング(2021年05月31日-2021年06月06日)ランキングを見る

3,058(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年08月
  • 著者/編集:   今井健太
  • 出版社:   技術評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  256p
  • ISBN:  9784774198156

商品説明

【内容情報】(出版社より)
Unityなどのゲームエンジンの発展により、ゲーム制作のハードルは確実に下がりました。しかし、いざゲームを作ろうとして確実にぶつかるのが、キャラクターなどのモデルデータを用意することができないという問題です。本書は絵心のないエンジニアでもブロック玩具を積みあげる感覚で人物や動物キャラ、街並みを描ける「3Dドットモデル作成ツールの使い方」を学習する「第1部」と、ゲーム内で動かすことのできるキャラクターやダンジョンをモデリングしてUnityにインポートして動かしてみる「第2部」で構成されています。モデリング、レンダリングにはボクセルモデリングソフト「MagicaVoxel」を採用。キャラクターにボーンを埋め込むには、Adobe社のWebサービス「mixamo」を利用します。すべて無料でできる3Dドットモデリングの入門書です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書では、ゲームを作りたいけどキャラクターやステージなどのゲーム内リソースを制作できない、ハードルが高くて挫折してしまうといった人に向けて、できるだけ簡単に、絵心がなくてもゲーム内リソースを作成できる方法を紹介します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 MagicaVoxelの使い方を知ろう(3Dドットモデリングの魅力について/MagicaVoxelを使ってみよう/身近にあるものをモデリングしてみよう/自作モデルをレンダリングしてみよう/キャラクターをモデリングしてみよう/部屋の中をモデリングしてみよう/街並みをモデリングしてみよう/モデルをインターネットに公開してみよう)/第2部 作成したモデルをUnityにインポートしてゲーム素材として使ってみよう(ゲームで使うキャラクターをモデリングしてみよう/ゲームで使うステージをモデリングしてみよう/Unityにゲームステージをインポートしてみよう/キャラクターにアニメーションを設定してみよう/キャラクターを動き回らせよう/3Dプリンターで自作モデルをプリントしてみよう)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
今井健太(イマイケンタ)
株式会社デプロイゲート共同創業者兼ソフトウェアエンジニア。分野にこだわらず開発全般を担当している。代表を務める味噌煮研究所にて、技術系同人誌の執筆及び頌布やオリジナル3Dモデルの製作、Webサービスやアプリの開発を行っている。SHIBUYA PIXEL ARTコンテストにてアーティスト賞(きはらようすけ賞)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと6

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ