本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他
地上最大の行事万国博覧会(光文社新書)[堺屋太一]
  • Googleプレビュー
スーパーDEAL 対象アイテム

地上最大の行事 万国博覧会 (光文社新書)
堺屋太一

924(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年07月19日頃
  • 著者/編集:   堺屋太一
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  272p
  • ISBN:  9784334043636

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

日本を変えた超巨大プロジェクト成功の舞台裏。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 一九七〇年万国博覧会ー日本最大の行催事/第2章 戦前戦中の大阪ー迷える大都市/第3章 大事なのはコンセプト/第4章 人間の博覧会/第5章 万国博の成果と後始末/第6章 一九九二年セビリア万国博覧会/第7章 二〇一〇年上海万国博覧会

著者情報(「BOOK」データベースより)

堺屋太一(サカイヤタイチ)
1935年大阪府生まれ。作家・経済評論家、元経済企画庁長官。東京大学経済学部卒業後、通商産業(現・経済産業)省入省。通商白書で「水平分業論」を展開。日本万国博覧会(大阪万博)開催を推進し成功を収める。沖縄海洋博や「サンシャイン計画」に携わった後、’78年に退官。予測小説『油断!』で作家デビュー。続いて『団塊の世代』を発表、ミリオンセラーになる。’98年7月から2000年12月まで、小渕恵三内閣、森喜朗内閣で経済企画庁長官を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年07月26日 - 2021年08月01日)

     :第-位( - ) > 新書:第3026位(↑) > その他:第950位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      無理ゲー社会
      無理ゲー社会

      橘 玲

      924円(税込)

    3. 3
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    4. 4
      老いる意味
      老いる意味

      森村 誠一

      924円(税込)

    5. 5
      モモ
      モモ

      ミヒャエル・エンデ

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ