徳政令なぜ借金は返さなければならないのか(講談社現代新書)[早島大祐]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)
早島 大祐

950円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか 864円
紙書籍版 徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか 950円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年08月22日
  • 著者/編集:   早島 大祐
  • レーベル:   講談社現代新書
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  320p
  • ISBNコード:  9784065129029

よく一緒に購入されている商品

  • 徳政令なぜ借金は返さなければならないのか(講談社現代新書)[早島大祐]
  • +
  • 戦乱と民衆(講談社現代新書)[倉本一宏]
  • 徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)
  • 早島 大祐

950円(税込)

在庫あり

842円(税込)

在庫あり

合計 1,792円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
今も昔もお金の貸し借りには、かたちは違うとはいえ一定の秩序が存在していた。だがその一方で600年前の中世社会と現代社会の金融とでは、決定的な違いが存在していたこともまた確かである。その最たるものが徳政である。貸していたお金がなくなるなど、今では詐欺行為と同等かそれ以上の悪辣きわまりない行為だと考える人がほとんどだろう。だが中世社会ではそれが徳政という美々しい名のもとで行われていた。(はじめにより)
中世とは何か 債務破棄が徳政と呼ばれた時代
正長元年の徳政一揆、室町幕府を飲み込む
法と法とのシーソー・ゲーム
室町の格差社会
過剰負担社会の誕生
「大法」に飲み込まれる人びと
接触する法と社会
「裁定者」の登場
分断される一揆
徳政に侵食される社会
貸借・土地売買と徳政
シーソー・ゲームの終わり

【目次】(「BOOK」データベースより)
中世とは何かー債務破棄が徳政と呼ばれた時代/正長元年の徳政一揆、室町幕府を飲み込む/法と法とのシーソー・ゲーム/室町の格差社会/過剰負荷社会の誕生/「大法」に飲み込まれる人々/接殖する法と社会/「裁定者」の登場/分断される一揆/徳政に侵食される社会〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
早島大祐(ハヤシマダイスケ)
1971年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程指導認定退学。京都大学博士(文学)。現在、京都女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

950円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    2. 2
      平成経済 衰退の本質
      平成経済 衰退の本質

      金子 勝

      885円(税込)

    3. 3
      内閣情報調査室
      内閣情報調査室

      今井良

      907円(税込)

    4. 4
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    5. 5
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ