本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 女性・家庭問題
毒親サバイバル[菊池真理子]
毒親サバイバル[菊池真理子] 毒親サバイバル[菊池真理子]
  • Googleプレビュー

毒親サバイバル
菊池 真理子

1,210(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年08月31日頃
  • 著者/編集:   菊池 真理子
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  160p
  • ISBN:  9784046022806

よく一緒に購入されている商品

  • 毒親サバイバル[菊池真理子]
  • +
  • 酔うと化け物になる父がつらい[菊池真理子]
  • 毒親サバイバル
  • 菊池 真理子

1,210円(税込)

在庫あり

990円(税込)

在庫あり

合計 2,200円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

アルコール依存症の父親との顛末を描いた「酔うと化け物になる父がつらい」で
世に衝撃と共感をもたらした菊池真理子さんが
今度は毒親から生還した10人を取材してコミックにまとめました。

菊池さん自身も含めて登場する、有名無名の11人の人々が
親から受けた傷はみんな違います。

アルコール依存症の親、暴言と暴力の親、価値観を一方的に押し付ける親、
果てしなくお金をむしりとる親、そんな状況を見て見ぬふりする親……。
その体験談は赤裸々。

毒親に育てられた子どもたちにとっての最大の悲劇は、
「家族ってこんなもの」「これが当たり前」と思いながら育ち、
自分が悪い、自分がヘンだとの想いから逃れられないこと。
大人になってからは「連鎖」におびえること。

本書は、親と同じ道を選ばないために、全身、全力でサバイバルしていく11人のさまを、
リアルにコミック化した、コミックだからなしえた作品です。
本書が、傷を負って生きてきた人たちが、傷を負い続けないヒントとなりますように……。

【以下、はじめにより】

「どんな親でも子どもを愛してるんだから」 とか 「育ててくれた親に感謝しなよ」 とか
 「親と不仲のヤツはヤバい」 とか 「親を捨てるなんて不孝者」 とかとか。
そんなバカなこと、言わない世の中にしたい。

本当は、愛で満ちた天国のような家ばかりになるのが理想だけど、それがムリなら。

あの子が大人になった時、あたり前のように、親から逃げるって選択ができる世の中に。
逃げてから、さらに傷つけられたりしない世の中に。

それが私たち元子どもの、できることかなと思います。

菊池真理子






・はじめに
第1話 菊池真理子(マンガ家)のケース
第2話 朽木誠一郎(医療記者)のケース
第3話 成宮アイコ(朗読詩人)のケース
第4話 須藤正樹(編集者)のケース
第5話 成田全(ライター)のケース 
第6話 石山良一(会社員)のケース 
第7話 米沢りか(マンガ家)のケース 
第8話 アルテイシア(文筆家)のケース 
第9話 鳥海奏妃(タロット占い師)のケース 
第10話 二村ヒトシ(AV監督・文筆業)のケース 
第11話 伊藤洋子(主婦)のケース 
最終話

解説 親子関係のこれまでとこれから 
信田さよ子(臨床心理士)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

親に押しつぶされなかった11人の赤裸々な体験談。

目次(「BOOK」データベースより)

菊池真理子ーマンガ家の場合/朽木誠一郎ー医療記者の場合/成宮アイコー朗読詩人の場合/須藤正樹ー編集者の場合/成田全ーライターの場合/石山良一ー会社員の場合/米沢りかーマンガ家の場合/アルテイシアー文筆家の場合/鳥海奏妃ータロット占い師の場合/二村ヒトシーAV監督・文筆家の場合/伊藤洋子ー主婦の場合

著者情報(「BOOK」データベースより)

菊池真理子(キクチマリコ)
埼玉県生まれ。2017年、アルコール依存症の父と家族のノンフィクションコミック『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店)が大きな話題に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(28件)

総合評価
 4.09

ブックスのレビュー(5件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年12月13日

    毒親育ちの私はとっても共感しました。そして勇気をもらいました。

    1人が参考になったと回答

  • ★1巻完結★
    購入者さん
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2019年11月19日

    毒親からも人生からも逃れたくて何度も死のうとした私にはサバイブできている人たちの話に、何でこの人たちみたいに生きる事ができなかったのか、精神科に10年以上通ってるのに何も解決する気配もない私はいったい…と自己嫌悪。
    希望ではなく絶望をもらってしまった。
    その中で結婚するつもりがないという人が結構いるのが唯一の救い。
    でも、結婚・出産してる人もいる…複雑。
    兄弟姉妹がいる人は、本人だけじゃなくその人たちの話も聞きたかった。

    0人が参考になったと回答

  • 考えさせられた。
    みんみんgood
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年06月29日

    様々な家庭があるとは思っていましたが、ここまでとは、、、ショックでした。みんなが穏やかな生活を送ることができるようにと祈ります。つらいけれど買って読んで知ることができてよかったと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ