第161回 芥川賞・直木賞決定!
富山は日本のスウェーデン変革する保守王国の謎を解く(集英社新書)[井手英策]
富山は日本のスウェーデン変革する保守王国の謎を解く(集英社新書)[井手英策] 富山は日本のスウェーデン変革する保守王国の謎を解く(集英社新書)[井手英策]
  • Googleプレビュー

富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国の謎を解く (集英社新書)
井手 英策

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国の謎を解く 799円
紙書籍版 富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国の謎を解く 885円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年08月17日
  • 著者/編集:   井手 英策
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784087210446

よく一緒に購入されている商品

  • 富山は日本のスウェーデン変革する保守王国の謎を解く(集英社新書)[井手英策]
  • +
  • 幸福の増税論財政はだれのために[井手英策]
  • 富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国の謎を解く (集英社新書)
  • 井手 英策

885円(税込)

在庫あり

907円(税込)

在庫あり

合計 1,792円(税込)

閉じる

商品説明

待機児童ゼロ、結婚した女性の離職率の低さ、
貧困の少なさ、公教育の水準の高さ……


日本型「北欧社会」が

保守王国で生まれていた!



富山県は県民総生産が全国30位の小自治体だが、

一人当たりの所得では6位に浮上する。


その背景にあるのは、

ワークシェアリング的な雇用環境と

女性が働きやすい仕組みだ。


さらに、公教育への高い信頼や独居老人の少なさなど、

様々な指標からはリベラルの理想が実現しているかのようだ。


しかし、北陸は個人よりも共同体の秩序を重視する

保守的な土地柄とされ、富山も例外ではない。

つまり、保守王国の中で「日本ならではの福祉社会」に向けた

うねりが起きているのだ。


10年間にわたって富山県でのフィールドワークを続けてきた

財政学者が問う、左右を架橋する一冊。



【リベラルに今、欠けているものは何か?】

リベラルの議論がどうしても

うわすべりな感じがしてしかたないのは、

日本社会の根底にある土台、風土や慣習のようなものと、

そのうえに据えられる政策が

うまく?みあっていないからではないか、僕はずっとそう思ってきた。


(中略)


保守的な社会の土台を見つめ、その何が機能不全となり、

何が生き残っているのかを見きわめる。

そしてその土台にしっかりと

根を張れるような、まさに地に足の着いた政策を

リベラルは考える責任がある。

(本文188ページより抜粋)


【目次】

≪序章 保守と革新、右と左を超えていくために≫

説明能力を失って久しい保革・左右という「線引き」


≪第一章 富山の「ゆたかさ」はどこから来るのか≫

女性の就労/貧困の少なさと教育水準の高さ/循環的な富山社会


≪第二章 どのように富山県の「ゆたかさ」は形づくられたのか?≫

富山県の経済的基盤/社会資本整備を必要とした歴史


≪第三章 家族のように支え合い、地域で学び、生きていく≫

富山型デイサービス/進化形態としての「あしたねの森」/

障がい者就労施設に見る富山らしさ


≪四章 危機を乗り越えるために「富山らしさ」を考える≫

日本一小さな「奇跡の村」/住民間での意思疎通のむつかしさ


≪終章 富山から透視する「歴史を動かす地域の力」≫

保守的なものから生まれる社会化、普遍化の波/

税で家族の機能を代替する/「公・共・私」のベストミックス


【著者略歴】

井手 英策(いで えいさく)

1972年、福岡県生まれ。博士(経済学)。慶應義塾大学経済学部教授。

東京大学大学院経済学研究科博士課程を単位取得退学し、日本銀行金融研究所に勤務。

その後、横浜国立大学などを経て、現職。

著書に『経済の時代の終焉』(岩波書店)、『18歳からの格差論』(東洋経済新報社)、『分断社会を終わらせる』(筑摩書房)、『財政から読みとく日本社会』(岩波書店)、共著に『大人のための社会科』(有斐閣)などがある。

2015年大佛次郎論壇賞、2016年慶應義塾賞受賞。

【内容情報】(出版社より)
ワークシェアリング的な雇用環境、女性が働きやすい仕組み、独居老人の少なさ、公教育への高い信頼……保守的な土地柄のはずの富山で「リベラルの理想」が実現しつつある。その背景にあるものとは。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
富山県は県民総生産が全国三一位の小さな自治体だが、一人当たりの所得では六位、勤労者世帯の実収入では四位に浮上する。背景にあるのは、ワークシェアリング的な雇用環境と女性が働きやすい仕組みだ。さらに、公教育への高い信頼、独居老人の少なさなど、まるでリベラルの理想が実現しているかのようだ。しかし、北陸は個人よりも共同体の秩序を重視する保守的な土地柄とされる。富山も例外ではない。つまり、保守王国の中から「日本的な北欧型社会」に向けた大きなうねりが起きているのだ。一〇年間にわたって富山でのフィールドワークを続けてきた財政学者が問う、左右の思想を架橋する一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 保守と革新、右と左を超えていくために/第1章 富山の「ゆたかさ」はどこから来るのか/第2章 どのように富山県の「ゆたかさ」は形づくられたのか?/第3章 家族のように支え合い、地域で学び、生きていく/第4章 危機を乗り越えるために「富山らしさ」を考える/終章 富山から透視する「歴史を動かす地域の力」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井手英策(イデエイサク)
1972年福岡県生まれ。博士(経済学)。東京大学大学院経済学研究科博士課程を単位取得退学し、日本銀行金融研究所に勤務。その後、横浜国立大学などを経て、慶應義塾大学経済学部教授に就任。専門は財政社会学。2015年大佛次郎論壇賞、2016年慶應義塾賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年07月08日 - 2019年07月14日)

     :第-位( - ) > 新書:第1186位(↑) > ビジネス・経済・就職:第95位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと22

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日本のミカタ - ボク、この国のことを愛してるだけやで! -
      日本のミカタ - ボク、この国のことを愛…

      ほんこん

      950円(税込)

    2. 2
      人間の本性
      人間の本性

      丹羽宇一郎

      864円(税込)

    3. 3
      【予約】日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く
      【予約】日本への警告 米中朝鮮半島の激…

      ロジャーズ ジム

      972円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】晩節の研究
      【入荷予約】晩節の研究

      河合敦

      950円(税込)

    5. 5
      老いと記憶
      老いと記憶

      増本康平

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ