第161回 芥川賞・直木賞決定!
心臓・血管・血圧の悩みをすべて解決する本[南和友]
  • Googleプレビュー

心臓・血管・血圧すべての悩みを解決する方法 世界No.1日本人心臓外科医が教える
南和友

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年09月
  • 著者/編集:   南和友
  • 出版社:   アチーブメント出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  173p
  • ISBNコード:  9784866430317

よく一緒に購入されている商品

  • 心臓・血管・血圧の悩みをすべて解決する本[南和友]
  • +
  • スタンフォード式疲れない体[山田知生]
  • 心臓・血管・血圧すべての悩みを解決する方法 世界No.1日本人心臓外科医が教える
  • 南和友

1,296円(税込)

在庫あり

1,620円(税込)

在庫あり

合計 2,916円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「活力ある人生を送りたい。そう願うすべての方、必見!
自信をもっておすすめできる健康法です」

生島ヒロシさん(フリーアナウンサー)


高血圧症は日本でもっとも多い病気で患者数は1000万人を超えます。
予備軍を合わせると、60歳以上の半数は、循環器疾患に関連するなんらかの症状を抱えています。

循環器系の病気は目には見えず、自覚症状もありません。
しかし、30歳を過ぎれば程度の差はあれ、誰にでも動脈硬化は進行します。

血管病は全身病です。
しかし、70歳でもしっかりとケアをすれば
血管年齢はマイナス20歳で、誰でも若々しく元気な血管を保つことができます。

本書は循環器系疾患に悩める方、リスクを不安に感じられている方に
直接アドバイスするつもりで書きました。

具体的な症状・兆候と病気になったあとの対処法を述べています。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日常生活で誰でも簡単に実践できる!血管年齢マイナス20歳の健康法をたっぷり紹介!20,000例超の心臓・血管・肺手術を執刀した名医が診断から予防法までやさしく解説!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 循環器系の異常診断(高血圧は危険な症状/冠動脈疾患リスクを上げる脂質異常症 ほか)/第2部 血管病は全身病(生活習慣が悪化すると血管病になる/血管が細いことがわかったら? ほか)/第3部 循環障害から起こるさまざまな病(不整脈になったら薬を飲まなければいけない?/心臓に違和感があるときには… ほか)/第4部 循環器疾患にならないための生活習慣改善(なぜ生活習慣病になってしまうのか?/どうやって生活習慣を改善すればいいのか? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
南和友(ミナミカズトモ)
ドイツ・ボッフム大学永代教授。医療法人冠心会大崎病院東京ハートセンター顧問。医療法人社団友志会理事。1946年大阪生まれ。74年京都府立医科大学卒業。76年ドイツ国費留学生(DAAD)としてデュッセルドルフ大学外科へ入局。以後30年間にわたりドイツで心臓血管外科医として活躍。心臓手術件数で世界最大級のバードユーンハウゼン心臓・糖尿病センターの立ち上げに参画。84年に主席心臓外科医、89年同センター副所長、臨床外科医教授に就任。2004年ボッフム大学永代教授に日本人としてはじめて任命される。05年から10年にかけて日本大学医学部心臓血管外科教授を務める。10年医療法人北関東循環器病院の病院長を経て、17年に大崎病院東京ハートセンター顧問に就任。これまでに日本人心臓外科医として世界一の20,000例超の心臓・血管・肺手術をおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,296円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ