中国茶のこころ茶味的麁相[李曙韵]
  • Googleプレビュー

中国茶のこころ 茶味的麁相
李 曙韻

2,484円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年09月21日
  • 著者/編集:   李 曙韻安藤 雅信
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  176p
  • ISBNコード:  9784044002473

商品説明

【内容情報】(出版社より)
中国で最も注目を集める茶人・李曙韻が語る、現代中国茶の真髄を捉えた翻訳本。茶の根底に流れる中国思想や古典『茶経』にも書かれている、茶道具の由来や淹れ方の変遷にも触れた、中国茶愛好家必読の書。
本書は2011年に台湾で上梓された 『茶味的麁相』、2013年発刊の簡体字版『茶味的初相』に次ぐ翻訳本で、監修を担当した陶作家の安藤雅信氏によるインタビューや現代の茶道具などの詳しい解説を新しく加えたもの。
台湾の写真家、蔡永和氏による美しく情緒ある写真とともに、中国茶の基本を知りたい初心者から中級以上の中国茶道経験者にも読み応えのある一冊となっている。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現代中国茶に新しい風を吹かせた李曙韻による精神と思想を綴った日本初の著書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 茶人の第三の眼/第2章 茶人の素養/第3章 茶席の元素/第4章 歳月/第5章 山居茶事/巻末解説 茶道具と茶淹れ/李曙韻インタビュー 茶文化の現在とこれから

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
李曙韻(リシュウユン)
シンガポール生まれ。台湾留学を経て、茶の活動を開始。1996年、台湾にて「人澹如菊茶書院」を設立。数々の独創的な茶会を主宰する傍ら、現代茶人の文化的素養の育成にも尽力。2012年、大陸へ渡り、北京と杭州に「茶家十職」、深〓(せん)に「茶家生活」を展開するとともに、活動の拠点を深〓(せん)へ移す。日本の茶道や華道にも造詣が深く、現在は中国各地に門下生を持ち、最も注目される茶人のひとりである

安藤雅信(アンドウマサノブ)
陶作家。1957年多治見市生まれ。武蔵野美術大学彫刻学科卒。現代美術の創作から始まり、30代初めにインドに滞在したことをきっかけにチベット仏教を学ぶ。帰国後、焼き物制作に軸足を移す。1998年、数寄屋風古民家を移築し、生活空間の中で美術を思考する場として「ギャルリ百草」を開廊。和洋問わず使用できる日常食器や茶道具に加え、彫刻作品を制作。また、茶事教室「胡乱座」を通して新しい茶の湯と中国茶を提案。美術・工芸・デザインの壁のない生活工芸を提唱し、海外にも発表の場を拡げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

2,484円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ