セキュリティのためのログ分析入門〜サイバー攻撃の痕跡を見つける技術[折原慎吾]
  • Googleプレビュー

セキュリティのためのログ分析入門 サイバー攻撃の痕跡を見つける技術 (Software Design plusシリーズ)
折原慎吾

3,058円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 セキュリティのためのログ分析入門 サイバー攻撃の痕跡を見つける技術 3,058円
紙書籍版 セキュリティのためのログ分析入門 3,058円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • セキュリティのためのログ分析入門〜サイバー攻撃の痕跡を見つける技術[折原慎吾]
  • +
  • ハッキング・ラボのつくりかた仮想環境におけるハッカー体験学習[IPUSIRON]
  • セキュリティのためのログ分析入門 サイバー攻撃の痕跡を見つける技術 (Software Design plusシリーズ)
  • 折原慎吾

3,058円(税込)

在庫あり

合計 7,238円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
近年、企業や官公庁のコンピュータシステムに対する「不正アクセス」や「サイバー攻撃」が増えています。それらの攻撃を検知できずに「情報漏えい」や「業務停止」につながったというニュースを目にすることもあります。本書で解説するログ分析は、コンピュータシステム(とくにインターネットにつながっているWebシステム)で記録されているログ(操作や処理の記録)から、サイバー攻撃の兆候をできるだけ早く見つけ出すための手法です。
本書は、企業のシステム担当者や、情報セキュリティの専門家をめざしている若手エンジニア・学生向けに、ログの監視・分析手法を解説します。ログ分析は継続的に行ってこそ意味のあるものです。そのため、できるだけ費用や手間をかけずに無理なく実践するためのノウハウも紹介します。本書の内容を実践できれば、多くの攻撃を未然に防げるでしょう。また、すべてを実践できなくとも、「サイバー攻撃の兆候はどんなふうに現れるのか」「専門家の力を借りるときにはどんな情報が必要か」ということが、わかるようになるでしょう。著者名追加:神谷 和憲 松橋 亜希子 阿部 慎司 永井 信弘 羽田 大樹 朝倉 浩志 田辺 英昭

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、企業のシステム担当者や、情報セキュリティの専門家をめざしている若手エンジニア・学生向けに、ログ分析の手法や実例(とくにサイバー攻撃を検知するためのノウハウ)を解説する書籍です。本書の内容を実践できれば、多くの攻撃を未然に防げるでしょう。また、すべてを実践できなくとも、サイバー攻撃の兆候はどんなふうに現れるのか、専門家の力を借りるときにはどんな情報が必要かということが、わかるようになるでしょう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 ログ分析とセキュリティ/第2部 ログ分析に使えるツールやコマンド/第3部 Webサーバのログ分析/第4部 Webサーバ以外のログ分析/第5部 アクセスログに現れない攻撃の検知と防御/第6部 さらに分析を深めるために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
折原慎吾(オリハラシンゴ)
2003年、日本電信電話株式会社入社。NTT情報流通プラットフォーム研究所で認証技術・仮想化技術などの研究・開発に携わる。2010年、東日本電信電話株式会社を経て、2012年よりNTTセキュアプラットフォーム研究所でおもに公開Webサーバのセキュリティ対策としてのログ分析技術の研究・開発に従事し、現在に至る

鐘本楊(カネモトヨウ)
2013年、日本電信電話株式会社入社。NTTセキュアプラットフォーム研究所でWebサーバに対するサイバー攻撃の検知・トリアージ技術の研究に従事し、現在に至る。コンピュータセキュリティシンポジウム2017奨励賞受賞。2018年4月から京都大学情報学研究科にも在籍

神谷和憲(カミヤカズノリ)
2004年、日本電信電話株式会社入社。NTT情報流通プラットフォーム研究所、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社でDDoS攻撃対策技術を確立し、現在、NTTセキュアプラットフォーム研究所にて機械学習を利用したログ分析技術、ボットネット対策技術の検討を進めている。Interop ShowNetなどの産学連携でも活動

松橋亜希子(マツハシアキコ)
2003年、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社入社。同社のISP事業であるOCNの設備構築、保守業務に携わる。OCNポータルサイトや、共通認証システムなどの一般向けサービスから、法人向けのセキュリティサービスまでサーバ運用を幅広く担当。2016年よりNTTセキュアプラットフォーム研究所に所属するNTT-CERTにてセキュリティインシデントハンドリングに従事し、現在に至る

阿部慎司(アベシンジ)
2007年、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社入社。現在、NTTセキュリティ・ジャパン株式会社SOCマネージャー、NTTグループセキュリティプリンシパル。日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)セキュリティオペレーション認知向上・普及啓発WGリーダーとしての活動や、日本SOCアナリスト情報共有会(SOCYETI)発起人としての活動など、組織を超えたセキュリティ運用レベルの向上を目指し活動中

永井信弘(ナガイノブヒロ)
2015年、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社入社。同年からNTTコムセキュリティ(現・NTTセキュリティ・ジャパン株式会社)のセキュリティオペレーションセンターでアナリスト業務に従事。マルウェアやエクスプロイトキットの解析に取り組み、IDS/IPSやプロキシサーバなどのログから隠れた脅威を見つけ出すことに努めている

羽田大樹(ハダヒロキ)
2006年、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社入社。脆弱性診断・インシデントレスキューを担当し、現在はNTTセキュリティ・ジャパン株式会社でセキュリティオペレーション業務に従事。NTTグループセキュリティプリンシパル。情報セキュリティ大学院大学博士課程での研究活動やマルウェア対策研究人材育成ワークショップ実行委員などアカデミック分野でも活動

朝倉浩志(アサクラヒロシ)
1999年、日本電信電話株式会社入社。大規模ISP運用、インターネットサービスの事業開発、IETFでのREST APIの標準化などのあと、NTTセキュアプラットフォーム研究所にてWebサーバに対するサイバー攻撃の研究開発プロジェクトを立ち上げる。現在、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社にてAI分野の事業開発、ブロックチェーン技術を用いた事業開発プロジェクトを所掌

田辺英昭(タナベヒデアキ)
1994年、日本電信電話株式会社入社。長距離通信事業本部での業務を経て、2001年よりエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社にて大規模ISPでのポータルサイト運営/サービス企画、サーバ運用保守、およびグローバルネットワーク上でのCDNサービスに携わる。現在は認証基盤の開発およびAI分野の事業開発に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.5

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年03月28日

    息子にせがまれ購入。
    安くで買えて良かったです。

    0人が参考になったと回答

  • これは親切に書かれています
    TY9260
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年11月13日

    セキュリティ担当の部下に負けないように参考書として購入しました。具体的なログの活用の話が載っており非常に有効でした。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ