現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ
十二人の死にたい子どもたち(文春文庫)[冲方丁]
  • Googleプレビュー

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)
冲方 丁

858(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 十二人の死にたい子どもたち(文春文庫)[冲方丁]
  • +
  • マスカレード・ホテル(集英社文庫)[東野圭吾]
  • 十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)
  • 冲方 丁

858円(税込)

在庫あり

836円(税込)

在庫あり

合計 1,694円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「安楽死」をすること。決を取り、全員一致で、それは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには“十三人目”の少年の死体が。彼は何者で、なぜここにいるのか?「実行」を阻む問題に、十二人は議論を重ねていく。互いの思いの交錯する中で出された結論とは。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
冲方丁(ウブカタトウ)
1977年、岐阜県生まれ。96年、『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞しデビューする。2003年『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、10年『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞候補となった。12年、『光圀伝』で山田風太郎賞を受賞。漫画の原作、アニメやゲームの脚本など、小説以外の分野でもその才能を発揮している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(135件)

総合評価
 3.66

ブックスのレビュー

  • 最後がいまいち
    fukuroukun
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2019年04月08日

    12人のいかれる男を忠実になぞっていて、よく考えられているとは思ったが、タイトル負け感が否めず、最後の告白も納得できず、何となく読み終わった感じです。

    0人が参考になったと回答

  • ページ欠落
    ゆういっちゃん76
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2019年02月24日

    298ページが印刷されていない。仕掛けかと思い最後まで読んだが欠落している

    0人が参考になったと回答

  • こんなもんかな
    熊の牛
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2019年02月16日

    登場人物が多く、理解しにくい。映像なら判り易いかも知れないけどね。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと5

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      いのちの停車場
      いのちの停車場

      南 杏子

      781円(税込)

    2. 2
      昨日がなければ明日もない
      昨日がなければ明日もない

      宮部 みゆき

      902円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】サイレント・ブレス
      【入荷予約】サイレント・ブレス

      南杏 子

      781円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】ビジネス・ゲーム
      【入荷予約】ビジネス・ゲーム

      ベティ・リーハン・ハラガン

      770円(税込)

    5. 5
      かがみの孤城 下
      かがみの孤城 下

      辻村 深月

      858円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ