お買い物マラソン エントリー&条件達成でポイント5倍!
源氏物語を反体制文学として読んでみる(集英社新書)[三田誠広]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

源氏物語を反体制文学として読んでみる (集英社新書)
三田 誠広

885円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 源氏物語を反体制文学として読んでみる 799円
紙書籍版 源氏物語を反体制文学として読んでみる 885円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年09月14日
  • 著者/編集:   三田 誠広
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784087210507

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
紫式部が『源氏物語』を書いた平安時代は、摂関政治(天皇に嫁いだ娘が男児を産むことで外戚として権力を得る)の全盛期にあった。しかし『源氏物語』は天皇親政の時代を舞台とし、「源」という元皇族が活躍するストーリーだ。摂関政治をあえて否定するという、いわばその時代の「反体制文学」として『源氏物語』は大ベストセラーとなり、多くの読者の支持を得た。なぜ紫式部はそのような果敢な挑戦をしたのか。紫式部が時代をどう感じ、またどのようなモチベーションで物語を綴ったのか。独自の視点で鮮やかに描く、新しい『源氏物語』論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
まえがきー『源氏物語』の謎/第1章 紫式部と『源氏物語』/第2章 源氏一族の悲劇/第3章 摂関家の権威と専横/第4章 紫式部の出自と青春時代/第5章 紫式部の恋と野望/第6章 摂関政治の終焉

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三田誠広(ミタマサヒロ)
作家。1948年生まれ。早稲田大学文学部卒業。1977年『僕って何』で芥川賞受賞。早稲田大学文学部客員教授を経て、武蔵野大学文学部教授。日本文藝家協会副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年09月16日 - 2019年09月22日)

     :第-位( - ) > 新書:第2911位(↑) > その他:第937位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ