会計の世界史15世紀イタリアから21世紀日本まで[田中靖浩]
  • Googleプレビュー

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカーー500年の物語
田中 靖浩

2,420円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカーー500年の物語 2,420円
紙書籍版 会計の世界史 2,420円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年09月27日頃
  • 著者/編集:   田中 靖浩
  • 出版社:   日本経済新聞出版社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  424p
  • ISBNコード:  9784532322038

商品説明

【内容情報】(出版社より)
数字のウラに隠された、驚くべき人間ドラマ。
誰にも書けなかった
「会計エンタテインメント」爆誕!


【本書の特徴】
その1 ダ・ヴィンチ、レンブラント、スティーブンソン、フォード、
ケネディ、エジソン、マッキンゼー、プレスリー、ビートルズ
……意外な「有名人」たちが続々登場!

その2 冒険、成功、対立、陰謀、裏切り、愛情、喜びと悲しみ、
栄光と挫折、芸術、発明、起業と買収
……波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します

その3 簿記、決算書、財務会計、管理会計、ファイナンス、IFRS
……物語を楽しく読み進めるだけで、これらの仕組みが驚くほどよくわかります

その4 イラストと写真、ひと目でわかるイメージ図が満載。
会計の本なのに、細かい数字はいっさい出てきません!


「私はこれまで数々のビジネススクールや企業研修で
会計分野の講師を務めてきました。
会計を『大局的に・楽しく』学んでもらうのはとても難しい作業ですが、
講義で『歴史』をもちいる手法はかなり効果的でした。

会計ルールの誕生エピソードや人物秘話を少々大げさな講談調で語ると、
受講者たちが身を乗り出してきます。
本書はそんな経験をもとにしています。

皆さんにも『好奇心とともに会計を理解する』経験をしてもらえれば
嬉しいです。」
──「旅のはじめに」より


【「9つの革命」で全体像がわかる】
第1部 簿記と会社の誕生
「3枚の絵画」
15世紀イタリアから17世紀オランダへ
銀行革命/簿記革命/会社革命

第2部 財務会計の歴史
「3つの発明」
19世紀イギリスから20世紀アメリカ、21世紀グローバルへ
利益革命/投資家革命/国際革命

第3部 管理会計とファイナンス
「3つの名曲」
19世紀から21世紀・アメリカ
標準革命/管理革命/価値革命

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「会計ギライ」の方を悩ませる、数字および複雑な会計用語は一切出てきません。「世界史ギライ」の方をげんなりさせる、よく知らないカタカナの人や、細かい年号もほとんど出てきません。登場するのは偉人・有名人ばかり。冒険、成功、対立、陰謀、愛情、喜びと悲しみ、芸術、発明、起業と買収…波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します。物語を読み進めると、簿記、財務会計、管理会計、ファイナンスについて、その仕組みが驚くほどよくわかります。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 簿記と会社の誕生(15世紀イタリア 銀行革命/15世紀イタリア 簿記革命/17世紀オランダ 会社革命)/第2部 財務会計の歴史(19世紀イギリス 利益革命/20世紀アメリカ 投資家革命/21世紀グローバル 国際革命)/第3部 管理会計とファイナンス(19世紀アメリカ 標準革命/20世紀アメリカ 管理革命/21世紀アメリカ 価値革命)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田中靖浩(タナカヤスヒロ)
田中靖浩公認会計士事務所所長。産業技術大学院大学客員教授。1963年三重県四日市市出身。早稲田大学商学部卒業後、外資系コンサルティング会社などを経て現職。ビジネススクール、企業研修、講演などで「笑いが起こる会計講座」の講師として活躍する一方、落語家・講談師とのコラボイベントを手掛けるなど、幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(74件)

総合評価
 4.38

ブックスのレビュー

  • おもしろく分かり易い
    shibatoto
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月24日

    会計システムの歴史の本ですが,分かり易いです。というのも,システムの変化には必ず”なんでそう変わったの?”という理由があるのですが,この本は「場所の違い」+「産業の変化」が書かれています。昔のやり方をそのまま使っていては合わない部分が出てくるので,そこを工夫するわけです。あと,失敗例は省かれているのも良いです。ヨーロッパの人の書いた本で,イタリアの会計がフランス(ブルボン朝)やスペイン(スペイン帝国時代)に導入されたが結局うまくいかなかったと書いてありましたが,どんな些細な理由でもだめな場合は駄目ですね。理解している人が亡くなったとか,周囲が駄目だったとか,いろいろあるでしょう。まあ,とにかくおもしろかったです。

    0人が参考になったと回答

  • 読み始めた
    マーボー035
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月09日

    JALの機内誌で紹介されていた。
    簿記の本は、読む気はしないが、この本は面白そう。

    0人が参考になったと回答

  • 小説のように引き込まれる
    まさ1123581321
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年05月25日

    レビュー記事で取り上げられており気になって購入、読了。
    覚えることが多いイメージがあった会計だが、何故それぞれのルールが生まれたのか歴史的背景から理解すると驚くほどイメージが深まった。
    特に国際会計基準の米欧流派毎の性格の違いが全体像から理解できて面白かった。
    また記述のスタイルも多いに理解を助けてくれている。会計といえば、兎角客観的で平板な表現がされがちでそのために頭に入ってこないということは経験ある人も多いと思うが、この本では著者の琴線が動いたポイントを、登場人物目線から、ときに当時の発明などに脱線しつつ書かれていて読み物として面白い。主観的でときに史実と合わないフィクションも交えていそうだが、こうした解説本が是非もっと出てきて欲しい。
    分野としては、読んでいて財務戦略や国際会計基準に興味を持ち、今度はその資格受験で理解を深めるつもりでいる。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,420円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】リーダーとして覚えておいてほしいこと
      【入荷予約】リーダーとして覚えておいて…

      野村 克也

      1,430円(税込)

    2. 2
      3000年の叡智を学べる 戦略図鑑
      3000年の叡智を学べる 戦略図鑑

      鈴木 博毅

      1,760円(税込)

    3. 3
      改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学
      改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメ…

      ロバート・キヨサキ

      1,760円(税込)

    4. 4
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,650円(税込)

    5. 5
      メモの魔力
      メモの魔力

      前田裕二

      1,540円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ