本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
産婆と産院の日本近代[大出春江]
  • Googleプレビュー

産婆と産院の日本近代
大出 春江

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年09月27日
  • 著者/編集:   大出 春江
  • 出版社:   青弓社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  336p
  • ISBNコード:  9784787234407

商品説明

【内容情報】(出版社より)
日本の出産が大きく変容するのは戦後のことだといわれてきた。つまり「お産は病院にいってするもの」という常識の定着である。ところが、日本が急速に近代化していく1920年代にはすでに都市を中心に施設分娩は始まっていた。大正期に広がる社会事業が出産の医療化の社会的基盤を提供し、都市のサラリーマン家族や働く女性に施設での出産が選好されていったのである。

出産の近代化を支えた産婆・助産婦は、医師の統制や警察・行政の監視との緊張関係を常にはらみながら、女性たちの出産を支えてきた。戦前から戦後、そして現在に至る産婆・助産婦の実践の歴史を、ライフヒストリー、雑誌分析、行政資料などから多角的に描き出す。

妊婦や家族のサポート、地域の女性たちーー産む/産まない/産めないにかかわらずーーのケアを実践してきた産婆・助産婦の役割にあらためて光を当て、「産む女性にとって何が必要か」をともに考える「助産」の重要性を説く。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦前から戦後、そして現在にいたる産婆・助産婦の実践の歴史を、ライフヒストリー、雑誌分析、行政資料などから多角的に描き出す。産む/産まない/産めないにかかわらず、地域の女性たちをサポートしてきた産婆たちの歴史から、「産む女性にとって何が必要か」をともに考える「助産」の重要性を説く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 産婆・助産婦・助産師の近代/第1章 明治期日本の助産婦に向ける医師の統制と期待ー出産の正常と異常の境界をめぐって/第2章 性と出産の近代と社会統制ー雑誌メディアからみた衛生観念・家族規範・国民意識の形成とその回路/第3章 産婆の近代と出産の医療化ー「助産之栞」を口述史料として読む/第4章 産師法制定運動の興隆と終焉/第5章 出産の戦後史/第6章 戦後の助産婦教育/終章 「助産」という実践を見えなくさせたものー助産所と助産施設の違いを中心に

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大出春江(オオデハルエ)
大妻女子大学人間関係学部教授。専攻は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,024円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ