本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > 絵本・児童書・図鑑

ぼくは風船爆弾 (潮ジュニア文庫)
高橋光子

1,018(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2018年10月20日頃
  • 著者/編集:   高橋光子(著)
  • レーベル:   潮ジュニア文庫
  • 出版社:   潮出版社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784267021589

商品説明

内容紹介(出版社より)

太平洋戦争末期、日本では女学生たちを動員し、ある兵器の製造が秘密裏に進められていた。 
「ほくと号」と名付けられたぼくは、アメリカ本土を攻撃するための「秘密兵器」だった!!!
第一章 風船爆弾への変身 
第二章 気球を貼る少女たち 
第三章 大空への旅立ち
第四章 太平洋横断 
第五章 苦労をともにして深まる友情
第六章 ついにアメリカへ
第七章 オレゴンの悲劇 
第八章 ぼくの使命

内容紹介(「BOOK」データベースより)

第二次世界大戦末期、日本では女学生たちを動員し、ある兵器の製造が秘密裏に進められていました。それは大きな気球に爆弾を吊るし、日本の上空を吹いている偏西風に乗せ、米国本土を直接攻撃しようという「風船爆弾」と呼ばれるもので、およそ一万個の爆弾が製造されたといわれています。本書では「ほくと君」と名づけられた風船爆弾の目を通して、彼らがどのようにして生み出され、兵器として旅立っていったのか克明に描かれています。と同時に、戦争の本当の恐ろしさ、平和の大切さ、夢や希望を持って生きることの尊さを、私たちに考えさせてくれる一書です。小学校高学年から。

著者情報(「BOOK」データベースより)

高橋光子(タカハシミツコ)
1928年愛媛県生まれ。愛媛県立川之江高等女学校卒。テレビ、ラジオの脚本の仕事を経て65年「蝶の季節」で文学界新人賞受賞、同作で芥川賞候補。72年「遺る罪は在らじと」で再び同賞候補に。その後、上条由紀のペンネームでジュニア小説も執筆。93年『高畠華宵とその兄』で潮賞ノンフィクション部門優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年06月10日 - 2024年06月16日)

     :第-位( - ) > 新書:第2463位(↑) > 絵本・児童書・図鑑:第487位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      メディアはなぜ左傾化するのか
      メディアはなぜ左傾化するのか

      三枝 玄太郎

      924円(税込)

    2. 2
      豊かさとは何か
      豊かさとは何か

      暉峻 淑子

      968円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】日本列島はすごい
      【入荷予約】日本列島はすごい

      伊藤孝

      1,012円(税込)

    4. 4
      私とは何かーー「個人」から「分人」へ
      私とは何かーー「個人」から「分人」へ

      平野 啓一郎

      968円(税込)

    5. 5
      ゼロから12ヵ国語マスターした私の最強の外国語習得法
      ゼロから12ヵ国語マスターした私の最強の…

      Kazu Languages

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ