[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ
文庫版ルー=ガルー忌避すべき狼(講談社文庫)[京極夏彦]
  • Googleプレビュー

文庫版 ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社文庫)
京極 夏彦

1,430(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
牧野葉月にとって携帯端末(モニタ)こそが世界の総てだった。何もかもが管理された無味無臭なはずの世界で、血生臭い連続殺人が少女たちを脅かす。行方不明の同級生・祐子に忍び寄る“狼”の影──。百鬼夜行シリーズにも連なる驚愕の結末。


近未来。牧野葉月は閉じた世界に生きていた。端末という鎖に繋がれ監視された内部に、不純物が入り込む余地はなく、安全なはずだった。そこに現れた一片の狂気は、少女たちを狙う殺人鬼だった。リアルコンタクトで初めて知った友達の存在。自由を求め、鎖を引きちぎった少女たちを待ち受ける驚愕の結末とは?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人と人との物理的接触が極めて希薄な高度情報化社会。清潔で完璧なはずの日常で起きた連続殺人事件が十四歳の少女達を覚醒させる。世界のすべてだと思っていた端末が“鎖”だと気づいたとき、牧野葉月は初めて友達と繋がる。真実を求める少女達を殺人鬼が狙う。“忌避すべき狼”の正体とは?シリーズ第一弾。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
1963年北海道生まれ。’94年『姑獲鳥の夏』でデビュー。’96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞受賞。この二作を含む「百鬼夜行シリーズ」で人気を博す。’97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、’04年『後巷説百物語』で直木賞、’11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。’16年遠野文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 2.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】祇園会
      【予約】祇園会

      佐伯泰英

      748円(税込)

    2. 2
      小説 BATTLE OF TOKYO vol.1
      小説 BATTLE OF TOKYO vol.1

      月島 総記

      704円(税込)

    3. 3
      あきない世傳 金と銀(十) 合流篇
      あきない世傳 金と銀(十) 合流篇

      高田郁

      682円(税込)

    4. 4
      お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方新版
      お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方新版

      橘玲

      715円(税込)

    5. 5
      ([つ]1-2)かがみの孤城 下
      ([つ]1-2)かがみの孤城 下

      辻村 深月

      858円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ