本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
南樺太最後の十七日間[藤村建雄]
  • Googleプレビュー

証言・南樺太最後の十七日間 知られざる本土決戦悲劇の記憶 (光人社NF文庫)
藤村建雄

957円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昭和二十年八月、日本人四十万人が暮らす南樺太で戦われた日ソ戦の悲劇。真岡上陸戦と電話交換手の自決、豊原空襲、疎開船の撃沈…民間人が巻き込まれた惨劇の大半が、八月十五日以後に起きているのである。終戦の日をはさんで十七日間にわたった北方の本土防衛戦で何が起きたのか、克明に描く書き下ろし作品。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日ソ国境地域での戦闘ー歩兵第百二十五聯隊・警察官の奮戦/第2章 恵須取方面の戦闘/第3章 真岡方面の戦闘/第4章 日ソ停戦協定成立と豊原空襲/第5章 樺太から北海道へー三船殉難事件/第6章 ソ連軍政下の樺太を生き抜いた一人の日本人

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤村建雄(フジムラタケオ)
昭和43年、東京出身。平成5年3月、武蔵大学経済学部経営学科卒業。平成21年、日本大学大学院総合社会情報研究科国際情報専攻修了、樺太における対ソ戦を専門とする。平成29年4月、北方近代史研究所設立。所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 悲劇の連続
    ok2601
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年12月31日

    ソビエトの蛮行がひどすぎる。
    白旗を上げる民間人達へ行う銃爆撃。
    女を見つけ次第レイプする集団。
    あまりの惨劇の連続に、読み進むのは休み休みになってしまう。
    国際常識を無視し違法行為を続ける共産国家。
    東京裁判で裁かれるべきはソビエトだったはずだ。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと8

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

957円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】あきない世傳 金と銀(八) 瀑布篇
      【予約】あきない世傳 金と銀(八) 瀑…

      高田郁

      660円(税込)

    2. 2
      巴里マカロンの謎
      巴里マカロンの謎

      米澤 穂信

      682円(税込)

    3. 3
      超・殺人事件
      超・殺人事件

      東野 圭吾

      594円(税込)

    4. 4
      戦争は女の顔をしていない
      戦争は女の顔をしていない

      スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

      1,540円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」
      【入荷予約】保育士おとーちゃんの「叱ら…

      須賀義一

      693円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ